タイトル等
永遠の至福を求めて
MIHO MUSEUMの名品 古代オリエント・エジプト・ギリシア・中国の世界
会場
群馬県立近代美術館
展示室1
会期
2018-02-03~2018-03-25
休催日
月曜日(月曜祝日の場合開館、翌日休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
観覧料:一般820 (650)円、大高生410(320)円
*( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催者
群馬県立近代美術館
協賛・協力等
特別協力 MIHO MUSEUM
企画協力 アートプランニングレイ
概要
信楽の自然豊かな山中に佇むMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム)は、1997年(平成9年)11月に開館しました。設計は、ルーヴル美術館ガラスのピラミッドで知られる中国系アメリカ人のI.M.ペイによるもので、「桃源郷」をイメージして造られました。それはまるで光の鍵を用いて開かれた「シャングリラ(理想郷)」のようでもあります。またMIHO MUSEUMのコレクションは、ギリシア、ローマ、エジプト、中近東、ガンダーラ、中国、日本など、幅広い地域と時代に渡る優品約3,000件からなり、創立者・小山美秀子の「美術を通して、世の中を美しく、平和に、楽しいものに」との想いが世界の古代美術へと広がっていったものです。
本展覧会では、MIHO MUSEUMコレクションの中から、特に古代オリエント・エジプト・ギリシア・中国の作品に焦点をしぼり、《獅子頭神像》(エジプト、前7-6世紀)、《ヘラクレス像》(ギリシャ、前4-3世紀)、《有翼精霊形ペンダント》(アケメネス朝ペルシア、前4世紀)、《辟邪》(中国、前漢時代、前2世紀)など厳選した名品52件65点を展示します。
古代の美術品は一人の天才のなせる業ではなく、その時代地域で何世代にもわたり受け継がれ、異文化間の交流とも相まって洗練されてきた必然的な造形と、その奥に秘められた叙事詩を持っています。それらに通底するものは永遠の至福を求める心であり、美しいものを希求する心であると言えるでしょう。はるか古代から今に息づく、作品一点一点に込められた声に耳を傾けて頂けたら幸いです。
イベント情報
記念講演会
「東西の古代美術をつなぐ神・人・動物」
藤沢桜子(群馬県立女子大学教授)
2月4日(日)14:00-15:30

「永遠の至福を求めて- MIHO MUSEUMの名品」
稲垣肇(MIHO MUSEUM主任研究員)
3月3日(土)14:00-15:30
会場=2F講堂 申込不要/参加無料(先着200名)

学芸員による作品解説会
2月21日(水)、3月10日(土)、3月21日(水・祝)
14:00-15:00
展示会場/申込不要・要観覧料
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/index.htm
会場住所
〒370-1293
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
交通案内
[自動車]
■ 上信越自動車道の 「藤岡I.C.」高崎方面出口より出て、県道13号線を前橋方面に約10分。
■ 関越自動車道 「高崎玉村スマートI.C.」(ETCのみ)より出て高崎方面に向かい、県道13号線を藤岡方面に約8分。
■ 北関東自動車道 「前橋南I.C.」より県道13号線を藤岡方面に約15分。
■ 県立公園「群馬の森」の大駐車場をご利用ください(無料)。 大型バス複数台駐車可能。(要予約)
*公園閉園後の駐車場の利用はできません。
県立公園「群馬の森」 開園時間: 4月~9月:7時30分~18時30分 / 10月~3月:8時~17時30分

[タクシー]
■ JR 高崎駅東口より 約20分
■ JR 新町駅より 約10分

[電車・バス]
■ JR 高崎線・湘南新宿ライン または 上越・北陸新幹線で 高崎駅下車 (新幹線は東京駅より約60分)。
JR 高崎駅東口より、市内循環バスぐるりん 「群馬の森線」 9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」 15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車。(200円)
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索