タイトル等
開館15周年記念
1964 証言-現代国際陶芸展の衝撃
この年、もう一つのオリンピックがあった。そして日本の現代陶芸は新たな幕をあける。
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅠ
会期
2017-11-03~2018-01-28
休催日
月曜日(ただし1月8日は開館)、12月29日~2018年1月3日、1月9日
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般800円(700円)、大学生600円(500円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
※11月3日(金・祝)文化の日は観覧無料
主催者
岐阜県現代陶芸美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
特別協力:京都国立近代美術館
概要
1964年、東京オリンピック開催を機会に、国立近代美術館(東京)、石橋美術館(久留米)、国立近代美術館京都分館(京都)、愛知県文化会館美術館(名古屋)を巡回して開催された「現代国際陶芸展」では、日本で初めて世界各国の陶芸が一堂に集められ、展観されました。そしてそれは当時「日本陶芸の敗北」と評されるほどの衝撃を、日本の陶芸界に与えました。
本展覧会では、海外陶芸との出会いによって大きな刺激をうけた日本陶芸の1960年代の動きに注目し、両者の出会いの場となった「現代国際陶芸展」が与えた影響を検証します。また展覧会準備のため、この年欧米各国を旅し、作品を集めた同展覧会開催のキーパーソン、小山冨士夫(陶磁器研究家、陶芸家1900-1975)の旅の記録もあわせて紹介します。小
山によって選び集められた海外の作品群は、現代陶芸にむけられた小山の眼も示しているといえるでしょう。当時の出品作品および同時代の作品を核に、「現代国際陶芸展」を記録とあわせて再現的に紹介しながら、この時代の日本内外の陶芸の姿をご覧いただきます。そして、同展覧会に出品した作家、展覧会をみて刺激をうけた作家たちによる、当時を振り返っての言葉を証言として、同展覧会が与えた影響を探り出していきます。
本当に日本陶芸は敗北だったのでしょうか。「現代国際陶芸展」の検証とともに、戦後の日本陶芸に拓かれた新たな世界をとらえていきたいと思います。
イベント情報
関連企画
講演会「わたしがみた60年代前半期の陶芸」
2017年11月12日(日)14:00-15:00
岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム
講師:森野泰明氏(陶芸家・本展出品作家)
定員:60名(先着順) *聴講無料・事前申込不要

対談「1960年代のアートシーン」
2017年12月2日(土)14:00-15:30
セラミックパークMINOイベントホール
講師:建畠哲氏(美術評論家、埼玉県立近代美術館長)
谷新氏(美術評論家)
定員:100名(先着順) *聴講無料・要事前申込
○対談聴講の申込方法:電話またはメールにて受け付けます。詳細は当館ホームページにてご確認ください。(受付開始:10月21日(土)より)

ギャラリートーク
2017年11月5日、11月26日、12月10日、12月24日
2018年1月21日
いずれも日曜日14:00から(約30分)
当館学芸員による展示解説 *要観覧券

スライドレクチャー
2018年1月14日(日)14:00-15:00
岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム
当館学芸員が展示を詳しく解説します
*聴講無料・事前申込不要

会期中の催し
対談「「その土地らしさ」について考える」
2017年12月17日(日)14:00-15:30
セラミックパークMINO国際会議場
講師:濱田琢司氏(南山大学 人文学部日本文化学科教授)
ナガオカケンメイ氏(デザイン活動家・D&DEPARTMENTディレクター)
定員:200名(先着順) *聴講無料・要事前申込
受付開始:11月4日(土)より
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索