タイトル等
北斎とジャポニスム
HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
モネ、ドガ、セザンヌ… みんなHOKUSAIに学んだ。
会場
国立西洋美術館
会期
2017-10-21~2018-01-28
休催日
月曜日(ただし1/8は開館)、12/28~1/1、1/9
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
(金、土曜日は午後8時まで。ただし11/18は午後5時30分まで)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
当日 一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
前売/団体 一般1,400円 大学生1,000円 高校生600円
●チケット販売場:国立西洋美術館(開館日のみ)、展覧会公式サイト、主要プレイガイドにて販売。※手数料がかかる場合がございます。
●前売券は2017年8月19日(土)-10月20日(金)(国立西洋美術館では10月19日(木)まで販売。
●中学生以下無料。
●心身に障害のある方とその付添者1名は無料(人館の際に障害者手帳をご提示下さい)。
●団体は20名以上。
●2018年1月2日(火)~8日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)。

AGATHA PARISネックレス付きチケット
[料金] 5,800円(1枚/税込)
シックなデザインで知られるパリ生まれの人気ブランド「AGATHA PARIS」がデザインした、本展限定オリジナルネックレス付き。
数量限定売り切れ次第販売終了。
[取り扱いプレイガイド]セブンチケット、イープラス

かまわぬ手ぬぐい付きチケット
[料金]2,900円(1枚/税込)
てぬぐい専門店「かまわぬ」がデザインした、北斎の『三体画譜』の犬をあしらった限定オリジナルてぬぐい付き。
数量限定。売り切れ次第販売終了。
[取り扱いプレイガイド]ローソンチケット

《開幕後8日間限定》早割り超得ペアチケット
[料金] 2,000円(2枚/税込)
より早く、よりお得に楽しみたい方におススメのお得なチケット。
お一人で2枚使っていただにともできます。
※有効期限後の使用はできません。
[有効期間]2017年10月21日(土)~10月29日(日)
ただし、10月23日(月)は休館日
[取り扱いプレイガイド]セブンチケット、チケットぴあ

([販売期間]2017年8月19日(土)~10月20日(金))
主催者
国立西洋美術館、読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ
協賛・協力等
[特別協賛]Canon
[協賛]花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、トヨタ自動車、みずほ銀行、三菱商事
[協力]日本航空、ヤマトロジスティクス、西洋美術振興財団
概要
日本初、世界初。
西洋と北斎の名作、夢の共演。

19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも最も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。
本展は西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から編み直す、日本発・世界初の展覧会です。国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較しながら展示します。北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能しながら、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じていただけることでしょう。
イベント情報
関連講演会
10月21日(土)14:00~15:30 ※同時通訳付き
「西洋における趣味:欧州の人々はなぜ北斎を好むのか」
ヨハネス・ヴィーニンガー(オーストリア工芸美術館学芸員)
11月3日(金・祝)14:00~15:30
「陶芸のジャポニスムにおける北斎受容:彩られたイメージとその技法」
今井祐子(福井大学准教授)
12月2日(土)14:00~15:30
「北斎が西洋に与えた衝撃」
馬渕明子(国立西洋美術館長、本展監修者)
会場:国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:各回先着130名(聴講無料。ただし、聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
参加方法:当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)

スライドトーク
展覧会のみどころや主な作品について、スライドを使って解説します。
11月10日(金)、11月17日(金)、12月1日(金)、12月15日(金)、1月5日(金) 各回18:00~(約30分)
会場:国立西洋美術館講堂(地下2階)
解説者:神津有希(東京大学大学院)
定員:各回先着130名(聴講無料。ただし、本展の観覧券(半券可)が必要です。)
参加方法:直接講堂にお越しください(開場時間は各日とも開演の30分前)。

大学生のための無料観覧日 10.30(月)
キヤノン・ミュージアム・キャンパス
日時:2017年10月30日(月)10:00~17:00
対象:大学生
申込:不要(要学生証提示)
主催:キヤノン、国立西洋美術館、読売新聞社
※最終入場は30分前まで。
※大学生には大学院生、短期大学生、専門学校生、高等専門学校生の4・5年生を含みます
※詳細は展覧会ホームページをご覧ください

スペシャルウィーク
期間限定のお楽しみコンテンツが登場!
11月7日(火)~11月19日(日) モネ・ウィーク
12月5日(火)~12月24日(日) クリスマス・ウィーク
1月10日(水)~1月21日(日) セザンヌ・ウィーク
各ウィーク共通イベント
①展示会グッズショップにて各ウィーク期間限定の商品や、お得な特別セットを販売
②音声ガイドでは、各ウィーク期間中にだけ聞くことができるスペシャルトラック1点を収録
③国立西洋美術館のレストラン「CAFE すいれん」で各ウィーク期間限定の特別メニューを提供
スペシャルイベント
★トークシリーズ"食と芸術"
ゲスト:林綾野さん(キュレーター、アートライター)
1)11/14(火)14:00~15:00「浮世絵に恋した モネの食卓」
2)1/19(金)14:00~15:00「北斎をめぐる江戸の食卓」
場所:国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:各回先着130名(参加無料。ただし、本展の観覧券(半券可)が必要です。)
★美術館でクリスマス 12/12(火)~17(日)
常設展ギャラリートーク、コンサート、ワークショップなど、クリスマスにちなんだ内容で様々なプログラムを開催します。
※詳細は国立西洋美術館HPへ。
※詳細、参加方法などは公式サイトにてご確認下さい。

プレミアム鑑賞ナイト
「北斎とジャポニスム」をより深く楽しむことができるプレミアムナイト。限られた人数だけに特別開館された夜の美術館で、監修者や特別ゲストによるミニトークもお聞きいただけます。音声ガイド、本展をコンパクトにまとめたミニ図録もセットになった贅沢な夜をご提供いたします。
[開催日・定員]10月25日(水)、11月15日(水)※各日限定300人
[鑑賞時間]18:00~21:00 入館は20:30まで
[チケット料金]3,800円(1枚/税込/プレミアム鑑賞ナ仆の観覧料、ミニ・トーク、音声ガイド、ミニ図録を含む)
[取り扱いプレイガイド]セブンチケット、ローソンチケット、イープラス
ホームページ
http://hokusai-japonisme.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園7-7
交通案内
JR上野駅下車(公園口) 徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅下車 徒歩8分
*駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/
東京都台東区上野公園7-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索