タイトル等
郷土の美術をみる・しる・まなぶ 番外編
ARS/NATURA -「風景」の向こう側-
会場
福岡県立美術館
4階展示室
会期
2017-10-07~2017-11-26
休催日
月曜日[ただし10月9日は祝日のため開館、10月10日(火)が休館]
開催時間
10:00~18:00
(入場は17:30まで)
観覧料
一般:300円 (200円) 高大生:140円 (100円) 小中生:60円 (50円)
※( )内は20名以上の団体料金 以下の方々は無料:身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者/教職員引率による小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の児童・生徒及びその引率者/土曜日来館の小中高校生/家族の日11月19日(日)に来場される方全員
主催者
福岡県立美術館
協賛・協力等
公益財団法人 花王 芸術・科学財団
概要
騒めく木々に、揺れる水面。峻厳たる山々に、雄大なる海原、浩浩たる天空。私たちは、私たちをとりかこむ諸々の現象、事物――それらをここではまとめて「自然」と呼びましょう――を「風景」あるいは「山水」などと名づけ、描き留めてきました。長い歴史のなかで、人間が、自然を、その欠片を表してきた様々な作品の中には、自然への憧憬あるいは畏怖、好奇心や所有欲などの様々な感情を見出すことができます。それはとりもなおさず、私たちがどのように自然と向き合ってきたかの現れでもあります。
「ARS/NATURA ―「風景」の向こう側―」展では、福岡を中心に活躍する現代美術の作家eito、古賀義浩、柴田高志、瀬戸口朗子の作品、そして福岡県立美術館のコレクションにより、自然をめぐる美術の諸相をご紹介します。油彩画から日本画、彫刻、ドローイング、インスタレーション、あるいは江戸時代の生写図や粉本などの絵画資料類まで、様々な作品を通じて、人と自然の関係、そして今を生きる私たちにとって自然とは何か、そのありようを提示することを試みます。
イベント情報
※事前申し込み不要

[オープニングトーク]
本展出品作家が展覧会場で作品についてお話しします。
話者||eito、古賀義浩、柴田高志
日時||10月7日[土] 14:00ー
場所||福岡県立美術館 4階 展示室
参加費||無料、ただし展覧会入場券が必要です。

[講演会]
「風景」とは何か-ドイツ・ロマン主義の風景画を手掛かりに
講師||落合桃子(福岡大学人文学部講師)
日時|11月4日[土] 14:00
場所||福岡県立美術館 4階 視聴覚室
参加費||無料

[講演会]
「風景」の向こう側-コレクションを通してみるARSとNATURA
講師||藤本真帆(福岡県立美術館学芸員、本展企画者)
日時||11月11日[土] 14:00.
参加費||無料

[ギャラリートーク]
本展担当学芸員が展覧会場で作品についてお話しします。
日時||10月21日[土] 14:00-、11月18日[土] 14:00‐
場所||福岡県立美術館 4階 展示室
参加費||無料、ただし展覧会入場券が必要です。

展覧会場では「ハンズさん」が作品鑑賞のお手伝いをしたり、話し相手になったり聞き役になったり、みなさんにそっと寄り添います。
ホームページ
http://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2017/kenbi8415.html
会場住所
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神5-2-1 (須崎公園内)
交通案内
【福岡市地下鉄 空港線】
[天神駅]下車 天神地下街「東1b」出口から 徒歩10分

【西鉄電車 天神大牟田線】
[西鉄福岡(天神)駅]下車 徒歩15分

【自動車】
福岡都市高速道路
[天神北]ランプ または [築港]ランプから 3分 (50台駐車可能)

【西鉄バス】
■博多駅■
○[博多駅前A]から 301・302・303・305番等に乗車
[天神北]下車 徒歩5分

○[博多駅シティ銀行前F]から 46番に乗車
[市民会館前]下車 徒歩2分

■天神■
○[天神ソラリアステージ前2A]から 20・80・90番に乗車
[市民会館前]下車 徒歩2分
ホームページ
http://fukuoka-kenbi.jp/
福岡県福岡市中央区天神5-2-1 (須崎公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索