タイトル等
原田泰治が描く にっぽんの童謡・唱歌展
会場
丹波市立植野記念美術館
会期
2017-09-23~2017-11-12
休催日
月曜日は休館 ※但し10月9日(月曜日)は開館 10月10日(火曜日)は休館
観覧料
一般800円、大学・高校400円、小中学生200円、ココロンカード可
団体割引(20名様以上) 一般600円、大学・高校300円、小中学生150円
概要
画家・原田泰治は、日本における素朴画家の第一人者として1980年代から活躍し、その取材地は日本のみならず世界に及んでいます。
対象を大きくつかみながら、細部にこだわる彼の作品の原点は、足が不自由な少年時代、山間の高台で下界を眺めて過ごしたことで[鳥の目]をもらい、友達が駆け回るのを木の切り株に座って待っている間に花や虫を観察することで[虫の目]をもらったことにあると後に語っています。
さらに原田氏の作品に登場する人物には目鼻・表情が描かれていません。見る人が、そこに自分の想いを投影しながら鑑賞する事で、原田氏の世界観と絆を結ぶことができると、氏は語ります。
平成26年度に続き2回目の開催となる本展では、日本の童謡・唱歌の世界を、どこか懐かしい作家の個性あふれる風景画で巡ります。
また、本展開催にあたり、丹波市青垣町に取材し、描かれた新作も出展されます。
イベント情報
★ 開会式・記念講演会
日 時 平成29年9月23日(土曜日) 13時30分より
会 場 植野記念美術館 エントランスホール及び研修室
講 師 和田典子 氏 [姫路大学教授]
参加費 無料 ※但し改めて観覧料が必要
予 約 電話予約 (9月1日[金曜日]午前10時から)
テーマ [日本の近代化と童謡・唱歌の歩み]
定 員 100名

★ みんなで歌おう[私の好きな童謡・唱歌]
日 時 平成29年9月30日(土曜日)、平成29年10月1日(日曜日) 両日共13時30分より
会 場 植野記念美術館 研修室
講 師 田中なほみ 氏/[ピアノ伴奏 未定]
参加費 無料 ※但し改めて観覧料が必要
予 約 電話予約 (9月1日[金曜日]午前10時から)
定 員 100名

★ ギャラリートーク・サイン会
日 時 平成29年10月15日(日曜日) (ギャラリートーク 13時30分より/サイン会 15時00分より)
会 場 植野記念美術館 展示室及び研修室
講 師 原田泰治 氏 [作家本人]
参加費 無料 ※但し改めて観覧料が必要
予 約 不要
※サイン会は、当日ミュージアムショップにて指定商品をお買い上げの方先着100名様まで参加できます。

★ ミュージアム・コンサート
日 時 平成29年11月12日(日曜日)13時30分より
会 場 植野記念美術館 研修室
出 演 HAMORI-BE [はもりべ=男声デュオ]
参加費 無料 ※但し改めて観覧料が必要。
予 約 電話予約 (10月3日[火曜日]午前10時から)
定 員 100名
ホームページ
http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/haraataizi.html
会場住所
〒669-3603
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
交通案内
◆JRをご利用の場合
● 福知山線 「柏原」駅、または「石生」駅下車 (大阪から約80分)
● 駅前より 神姫グリーンバス「佐治」行き
乗車約20分 「美術館前」で下車すぐ
(運行本数が限られていますのでバスの時刻表をご確認ください。)
● 柏原駅、石生駅よりタクシーの便もあります。

◆高速乗合バスをご利用の場合
● 全但高速乗合バス
「城崎・豊岡」⇔「神戸」
「浜坂・湯村」⇔「神戸」
「城崎・豊岡」⇔「大阪」
「浜坂・湯村」⇔「大阪」
大阪・神戸から約80分。いずれも「氷上」停留所下車、徒歩約5分
1か月前より予約ができます。
● 阪急観光バス
湯村温泉線「氷上」下車、徒歩約5分

◆自動車をご利用の場合
● 舞鶴若狭自動車道 春日IC分岐を北近畿豊岡自動車道へ、
氷上IC出口を左折、青垣・朝来方面へ、氷上交差点を左折。
氷上ICからは約5分。
● 播但連絡道路 和田山IC分岐を北近畿豊岡自動車道へ、
氷上IC出口を左折、青垣・朝来方面へ、氷上交差点を左折。
氷上ICからは約5分。
● 中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北へ約40分。
稲継交差点を左折、青垣・和田山方面へ、氷上交差点を左折。
稲継交差点から約10分。
ホームページ
http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索