タイトル等
没後40年 幻の画家
不染(ふせん)鉄(てつ)
暮らしを愛し、世界(コスモス)を描いた。
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2017-07-01~2017-08-27
休催日
月曜日(7月17日は開館)、7月18日
開催時間
10時~18時
(金曜日は20時まで開館/入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般900(800)円 高校・大学生700(600)円 中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳等持参の方は100円引き、その介添者1名は無料

■前売券 入館料の200円引き。ローソンチケット(Lコード=38777)、イープラス、CNプレイガイド、セブンチケットにて、4月29日~6月30日販売。当館受付での販売は、4月29日~6月18日の開館日に限ります。
主催者
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、産経新聞社
協賛・協力等
協力:ヤマトロジスティクス
概要
不染(ふせん)鉄(てつ)を、ご存じですか。
不染鉄[明治24(1891)年~昭和51(1976)年]は、稀有な経歴の日本画家です。20代初め、日本芸術院研究会委員になるも、写生旅行に行った伊豆大島・式根島で、なぜか漁師同然の生活を送ります。しかし、3年が経つと、今度は京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学。特待生となり在学中第一回帝展に入選、首席で卒業した後も、度々帝展に入選を重ねますが、戦後は画壇を離れ、奈良で晩年まで飄々と作画を続けました。これまで美術館で開かれた回顧展は、21年前の唯一回だけ。画業の多くは、謎に包まれてきました。
不染の妙味は、見えないはずのものも見通す俯瞰と接近の相まった独特な視点にあります。太平洋に群れ泳ぐ魚から雄大な富士山を超えて、雪降る日本海の漁村まではるかに広がる本州を表した作品や、蓬菜山を思わせる切り立った孤島に、幾重にも波頭が打ち寄せ、波間に1艘の船がたゆたう様を描いた作品は、不染めの心象風景であり、秀逸な筆致で表現された世界が、見る人を画中へいざなうようです。また、老境に入り、自らの生い立ちや日々の暮らしの光景を描き、幼いころの思い出や母への思慕の情を書き添えた作品には、「い﹅人になりたい」と願った不染めの無垢な思いが満ち溢れ、優しく語りかけてきます。
東京初初の回顧展となる本展では、代表作や新たに発見された作品を中心に、絵はがき、焼物など約120点を展示し、日本画家としての足跡を、改めて検証するとともに、知られざる不染鉄作品の魅力を探ります。
イベント情報
■ギャラリートーク(学芸員による展覧会解説)
日時:7月14日(金)、7月28日(金) 14:00~(約30分)
3階展示室集合
参加無料(要別途入館料)
*混雑時には中止することがあります

■レンガ・タッチ&トーク
(煉瓦が特徴的な当館のたてもの解説)
日時:7月21日(金)、8月4日(金) 14:00~(約30分)
1階エントランス集合
参加無料(要別途入館料)
展示替え情報
〔会期中一部展示替えあり〕
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201707_fusentetsu.html
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索