タイトル等
ウィンザーチェア
―日本人が愛した英国の椅子
会場
日本民藝館
会期
2017-09-07~2017-11-23
休催日
月曜(祝日の場合開館し、翌日休館)
開催時間
10:00~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般1,100円 大高生600円 中小生200円
主催者
日本民藝館
協賛・協力等
共催:長野県信濃美術館
出品協力:静岡県立芹沢銈介美術館、松本民藝生活館、村田コレクション
概要
ウィンザーチェアがイギリスで生まれたのは18世紀前半と云われています。すべての部材に木を用い、座板に脚や背棒が直接差し込まれたこの椅子は、自然で質朴な美しさを持つ実用品として幅広い層に受け入れられていきました。
民藝運動の創始者である柳宗悦(1889-1961) と陶芸家の濱田庄司(1894-1978)は、1929年にイギリスに赴き、ウィンザーチェアをふくむ約300点の椅子を求めます。これらの家具はその後東京で展示頒布され、日本におけるウインザーチェア普及の大きな牽引役を果たしました。民藝運動の中では、柳や濱田のほか、バーナード・リーチ、芹沢銈介、池田三四郎といった人々から高い評価を得、蒐集や製作も各地でなされ、やがて西洋家具の代表として認知されていきます。
請来されている数や、それに倣った作り手の存在を考えると、日本人にとってのウィンザーチェアは、室町期に渡ってきた高麗茶碗や、民藝運動草創期に影響を与えたイギリスの古陶スリップウェアなどと同様、外邦工芸品として特別な作物といえるかもしれません。
本展では、現在日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子をかつてない規模で展観し、素材から得た確か手法と、その伝統に根差した造形美を紹介します。
イベント情報
記念講演会 10月28日(土)
松本民芸家具とウィンザーチェア
〔講師〕池田素民(松本民芸家具常務取締役)

特別講演会 11月11日(土)
ロマネスクと柳宗悦
〔講師〕金沢百枝(東海大学文学部ヨーロッパ文明学科教授)

両日とも 18:00-19:30
〔料金〕300円 (入館料別、要予約)
ホームページ
http://www.mingeikan.or.jp/events/special/201709.html
会場住所
〒153-0041
東京都目黒区駒場4-3-33
交通案内
電車をご利用の場合
・京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
・小田急線「東北沢駅」南口から徒歩15分

バスをご利用の場合
※バスは本数が少ないためご利用の際はご注意ください。
・渋谷駅西口バス乗り場より
東急バス
渋55系統 代々木上原・東北沢経由幡ヶ谷折返所行き
「代々木上原」下車 徒歩8分

お車をご利用の場合
・駐車台数に限りがございますので(3台)、なるべく公共の交通機関をご利用願います。
・環状6号線(山手通り)の三叉交差点(東大裏門付近、ガソリンスタンド有り)を東北沢方面へ向かう道に入り、上原二丁目の信号機を左折、突き当たりを右折しますと間もなく右側にあるのが日本民藝館、左側が駐車場となっております。
・周辺道路が狭く一方通行のため、通行は中型バスまでが可能です。大型バスでお越しの際は事前にご連絡下さい。
ホームページ
http://www.mingeikan.or.jp/
東京都目黒区駒場4-3-33
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索