タイトル等
館蔵 秋の優品展
大般若経と禅宗
会場
五島美術館
会期
2017-08-26~2017-10-15
休催日
毎月曜日(9月18日・10月9日は開館)、9月19日[火]、10月10日[火]
開催時間
午前10時~午後5時
(入館受付は午後4時30分まで)
観覧料
一般1000円/高・大学生700円/中学生以下無料
団体20名以上 1人800円
・入館された方は入園は無料です。ただし、日没や悪天候等によっては入園をご遠慮いただくことがあります。
・障害者手帳をお持ちの方、ならびに介助者の方1名は200円引。
概要
館蔵品の中から、高僧を描いた絵画、古写経(大般若経)、禅僧の書画(墨跡・水墨画)など約60点を選び展示(会期中一部展示替あり)。一切の存在はすべて空であると説く、諸経典を集大成した最大の仏典「大般若経」を中心に禅宗の美の世界を展観します。館蔵の日本陶磁も同時公開。
イベント情報
特別出品=[国宝]白描絵料紙理趣経(目無経) 2017年8月26日[土]ー9月10日[日]
[国宝]紫式部日記絵巻 五島本第一・二・三段 2017年10月7日[土]―10月15日[日]
■講演会
「大般若経について」横田南嶺老師(円覚寺派管長)9月5日[火]
「曹洞禅の祈禱と大般若経」川口高風氏(愛知学院大学教授)10月5日[木]
各日午後2時より(開場・受付は午後1時)
五島美術館別館講堂 当日入館者聴講無料 椅子席100名先着順
午後1時より聴講整理券を発行します
(人数により入場を制限する場合があります)

■ギャラリートーク
「古写経に見る手業」8月31日[木]
「奈良時代の写経活動」9月14日[木]
「日本の陶芸について」9月15日[金]
「鎌倉時代の書」9月26日[火]
「秋の優品展について」9月29日[金]
「紫式部日記絵巻について」10月11日[水]、10月15日[日]
各日午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館別館講堂 当日入館者聴講無料 椅子席100名先着順

■こども美術講座
「お坊さんの書」8月27日[日]
「王朝絵巻の世界」10月9日[月・祝]
各日午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館集会室 小・中学生対象・聴講無料 椅子席15名先着順

■ミュージアム・コンサート
長唄演奏会―和のこころを聴く
9月21日[木]午後2時開演(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館別館講堂 全席自由席3500円(要事前予約)
詳細は電話03-3703-0662までお問い合わせ下さい
展示替え情報
会期中一部展示替あり
ホームページ
http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/next.html
会場住所
〒158-8510
東京都世田谷区上野毛3-9-25
交通案内
東急・大井町線「上野毛駅」下車徒歩5分
ホームページ
http://www.gotoh-museum.or.jp/
東京都世田谷区上野毛3-9-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索