タイトル等
[特別展]
コレクション再発見
東北の作家たち|洋画/版画
会場
宮城県美術館
会期
2017-04-29~2017-07-17
休催日
月曜日(ただし5月1日、7月17日は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(発券は午後4時30分まで)
観覧料
一般800(600)円 学生400(200)円 高校生以下無料
●( )内は前売り及び20名以上の団体料金
前売券販売所[販売は3月18日から4月28日まで]
・宮城県美術館 ・藤崎 ・仙台三越 ・セブンチケットhttp://www.sej.co.jp/products/tickets/ ・チケットぴあ(Pコード 768-279) ・ローソンチケット(Lコード 22697)http://www.sej.co.jp/prosucts/tickets/ ・チケットぴあ(Pコード 768-279) ・ローソンチケット(Lコード 22697)
主催者
宮城県美術館、河北新報社
協賛・協力等
後援:仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、エフエム仙台
概要
宮城県美術館は平成28年で35周年を迎えました。その間、様々な展覧会を開催しながら、美術作品の収集活動も行ってきました。作品の収集は、美術館活動の根幹をなすもので、美術館それぞれの個性がそこに形成されます。ですから、美術館の所蔵作品(コレクション)は、「美術館そのもの」であるということもできるでしょう。
美術作品は、それが生まれた場所や特定の時間を背景に持つという意味で、地域に住む私たちと地続きの存在であるといえます。美術館がその地域に関連した作品を重視し収集に反映してきた理由は、コレクションを通じて私たちが、自分自身を見つめ直すきっかけとすることができるからに他なりません。
この展覧会は、当館の所蔵作品の中から、東北地方の出身もしくはその活動の拠点とする作家の油彩・版画作品を対象に、3つのテーマに沿って紹介します。私たちはそこに、何を再発見できるでしょうか。
第1章では、主として大正から昭和戦前期までの作品によって、近代美術が生成する過程を探ります。第2章では、何人もの優れた作家を輩出した、東北の版画を紹介します。第3章では、様々な特徴を持つ8人の作家を、ある程度まとまった点数の作品によって紹介します。
イベント情報
ミニ・レクチャー + ディスカッション「美術館の『コレクション』をめぐって」
岡部信幸(山形美術館副館長)/吉田尊子(岩手県立美術館主任専門学芸員)/荒木康子(福島県立美術館専門学芸員)/和田浩一(宮城県美術館学芸部長)
6月11日(日)午後2時ー4時|会場:講堂(聴講無料)

学芸員による展示解説 4月30日(日)/6月4日(日)/7月9日(日)
各日とも午後2時ー|会場:2階展示室(入場には観覧券が必要です)

まちなか美術講座「コレクションの、再発見」
和田浩一(当館学芸員)|5月20日(土)午後1時30分ー3時
会場:東北工業大学一番町ロビー 2階ホール(聴講無料)
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-20170429-s01-01.html
会場住所
〒980-0861
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通案内
>> 【公共交通機関をご利用の場合】
■ 地下鉄
仙台市営地下鉄 東西線
「国際センター駅」 西1出口から北へ 徒歩7分、
「川内」駅 北1出口から東へ 徒歩7分。

■ 路線バス
仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分。
(仙台駅より所要約15分)

■ るーぷる仙台
仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。
当館の最寄りには 「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

>> 高速道路をご利用の場合
東北自動車道・仙台宮城I.C.より仙台方面(仙台西道路)に入り、仙台城跡方面を経由して美術館へ。 I.C.より約15分。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索