タイトル等
開館50周年記念特別展
交差する表現 工芸/デザイン/総合芸術
会場
京都国立近代美術館
会期
2013-03-16~2013-05-06
※1階、3階、4階を使った展示のため、会期中コレクション展は開催しておりません。
休催日
毎週月曜日(但し4月29日、5月6日は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
金曜日の夜間開館日
午前9時30分~午後8時(入館は7時30分まで)
観覧料
一般 (当日)850 (前売り)700 (団体(20名以上))600
大学生 (当日)450 (前売り)350 (団体(20名以上))250
高校生・18歳以下 (当日)無料 (前売り)無料 (団体(20名以上))無料
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料。
(入館の際に証明できるものをご提示ください)
※4月27日(土)は開館記念日として観覧無料です。
主催者
京都国立近代美術館
京都新聞社
アサヒグループホールディングス株式会社
公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団
京セラ株式会社
京都中央信用金庫
株式会社ワコールホールディングス
協賛・協力等
共催:京都新聞社
概要
当館は、前身である国立近代美術館京都分館設立から数えて、2013年に開館50年を迎えます。これを記念し、開館当初から美術館活動の柱としてきた「工芸」に焦点をあてた特別展を開催いたします。
1963年の開館記念展は〈現代日本陶芸の展望〉でした。そこで本展に出品された代表作に当館の原点を探るとともに、以後毎年開かれる「工芸展」の出品作から多彩な「工芸」コレクションが形成されていった経緯を紹介しながら、当館50年の歩みを回顧します。
そして、「工芸」という造形、その表現性に注目し、明治時代における工芸家と日本画家の共演や、近代化とともに生活に浸透するデザイン意識の芽生え、さらには建築を核に総合芸術への視点を、上野伊三郎とリチの合作である「スターバー」の再現をとおして探り、Ⅱ部構成で「交差する表現」再現の場を演出します。
イベント情報
講演会
■「交差する表現」
山野英嗣(当館学芸課長)
日時:2013年3月30日(土)午後2時~3時30分
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日午前11時から受付にて整理券を配布します)

MoMAK Films 2013 [戦後前衛運動と映画:松本俊夫・勅使河原宏]
日時:4月20日(土)・21日(日)午後2時~
会場:京都国立近代美術館1階講堂
料金:1プログラム500円
共催:東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:川村健一郎、冨田美香(ともに立命館大学映像学部准教授)
プログラム:『銀輪』(1955年)
『つぶれかかった右眼のために』(1968年)ほか
松本俊夫氏によるアフタートーク
日時:4月20日(土)上映終了後
ホームページ
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2012/396.html
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索