タイトル等
Alan Van Every 個展
Theory of Everything (万物の理論)
会場
ヒロマート・ギャラリー
会期
2013-02-06~2013-03-10
休催日
月、火曜
開催時間
13:00~19:00
またはご予約となります。
概要
ヒロマート・ギャラリーでは、現在、ニューヨークからバンコク(タイ)に拠点を移して活動しているアーティスト Alan Van Every(アラン・ファン・エブリィ)の新作ペインティング展「Theory of Everything」(万物の理論)を開催いたします。弊廊では初めてのAlan Van Everyの作品発表となり、また今展は日本での初個展となります。

Alan Van Everyは、グリッターなどの反射素材とインク、ペイントやマーカーなどを併用する抽象画家として知られています。彼の新シリーズでは、ココナツなどの天然物も使っています。
今展「Theory of Everything」に向けて制作されたVan Everyの新作ペインティングを発表いたします。

コンセプト:
私たちのまわりにある思案や強迫観念となることの絵画や造形作品を創作する。抽象芸術とはいえ、それらはそのあらゆるものを反響することを主旨としている。見る人に詩的な解釈をして欲しい。私にとって興味深いサブジェクトではあるが、個々の作品を見て何を思うか見る人に委ねたい。作品の多くは、上空から、または配向性の景観を持つ。作品から推論できるように、私の興味は量子物理学(ほんの少しだけ)、天体物理学(ものすごく)、そしてセクシュアリティである。この作品で私は、これらの事柄に引き寄せられている。なぜなら人間として私たちは物事を理解しようと奮闘し、興味を通して想像力で探るのである。とても人間主義的な思考方法である。
造形作品では、廃棄されるココナツの殻や竹ばしなどの天然素材やオブジェクトを再利用している。また、自分のまわりのカルチャーやここタイでの海外生活をしている自己の人生からインスピレーションを得ている。
イベント情報
レセプション 2月6日 (水) 6-8pm
ホームページ
http://hiromartgallery.com/hiromart_gallery_tokyo/zhan_lan_hui/entori/2013/2/6_Theory_of_Everything_%28wan_wuno_li_lun%29.html
会場住所
〒112-0014
東京都文京区関口1-30-7 三村ビル1階
交通案内
有楽町線江戸川橋駅(1a出口)より徒歩8分
東西線早稲田駅(3A出口)より徒歩10分
都電荒川線早稲田駅より徒歩7分
鶴巻町バス停より徒歩数分、早大正門バス停より徒歩5分
ホームページ
http://hiromartgallery.com/
東京都文京区関口1-30-7 三村ビル1階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索