タイトル等
回想 平山郁夫 ―後編―
シルクロード 大いなる旅路
会場
公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
会期
2012-11-08~2013-03-11
休催日
火曜、年末年始(12月25日~1月3日)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般1200円/高・大学生800円/小・中学生無料
※障害者手帳をお持ちの方無料、介護の方1名まで600円
※70歳以上の方、20名様以上の団体 各100円割引
主催者
公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
協賛・協力等
後 援 山梨県 山梨県教育委員会 北杜市
北杜市教育委員会 山梨日日新聞社・山梨放送
信濃毎日新聞社 八ヶ岳ジャーナル NHK甲府放送局
テレビ山梨 FM富士 FM八ヶ岳
協 賛 キリンビール
概要
《回想 平山郁夫―前編―》では、平山郁夫の故郷である瀬戸田(現・広島県尾道市)の風景や人々を描いた少年期にはじまり、美術学校(現・東京藝術大学)時代の絵とデッサン、自らの画風を確立した《仏伝》シリーズ、異文化を肌で感じたヨーロッパ留学、カッパドキア遺跡やバーミヤン遺跡の壁画模写を通じてシルクロードに歩み出した姿を紹介しました。
その後、平山郁夫は生涯にわたって自身の脚でシルクロードを踏みしめ、スケッチを重ね、シルクロードに取材した作品を世に送り続けます。シルクロードの東端・日本の古都にも大きな関心を寄せ、京都を題材とした《洛中洛外》シリーズに新たな境地を切り開きました。
《回想 平山郁夫―後編―》となる本展では、当館所蔵の作品の中から、旅を続けながら描いたシルクロード各地の作品のほか、日本の原点・京都の風景、最晩年の傑作《大シルクロード》シリーズなど、祈りの旅路に至る画家・平山郁夫の大いなる道程を紹介します。
イベント情報
オープニング記念演奏会
劉微ヴァイオリンコンサート
11月10日(土)14:30~
(内覧会14:00~16:00)

本展オープンを記念して、内覧会においてヴァイオリニスト劉微(リュウ・ウェイ)氏によるコンサートを開催します。
※当日入館された方は無料でお聴きいただけます。ただし席に限りがございます。ご了承ください。

特別講演会
平山郁夫と中国~楼蘭を旅して~(仮称)
12月15日(土)14:00~15:30

平山美知子(当館館長)
鈴木 肇(元NHKシルクロード取材団 長南京広播学院教授)
※申し込み不要・聴講無料(ただし入館券が必要です)
※50名先着順です。席は自由ですのでお早めにおいでください。

会場はいずれも平山郁夫シルクロード美術館
会場住所
〒408-0031
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
交通案内
電車でお越しの方
JR小海線 「甲斐小泉」駅 すぐ前、JR中央本線 「小淵沢」駅より タクシー10分。
「小淵沢駅」から周辺観光スポットを巡る「八ヶ岳高原リゾートバス」のご利用もおすすめです。

お車でお越しの方
中央自動車道 小淵沢インターより 約10分
中央自動車道 長坂インターより 約15分

※カーナビをご利用の方: 情報が古いものには美術館の所在地が表示されない場合がございますので、その場合は、甲斐小泉駅をセットいただきますようお願いいたします。
ホームページ
http://www.silkroad-museum.jp
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索