タイトル等
所蔵品展
雲変化
―いろとかたち―
会場
茨城県天心記念五浦美術館
会期
2013-01-18~2013-03-03
休催日
月曜日(ただし、2月11日[月・祝]は開館、2月12日[火]は休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般180(140)円/高大生110(80)円/小中生80(50)円
※( )内は20名以上の団体料金
※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等を持参の方は無料
主催者
茨城県天心記念五浦美術館
概要
大気や光の変化により常にその色や形を刻々と変えながら、美しい自然の表情を生み出してゆく雲は、絵画作品にも多く取り上げられ、画面に様々な表情や雰囲気を醸し出しています。
横山大観は、天候や朝夕の時間により変化する大気を没線描法を使って巧みに表現し、小林巣居人は、霞ヶ浦の景観と雲を装飾性豊かに描いています。また水彩画家の小堀進は、雲そのものを主題とし、そこに生まれる一瞬の形と光がつくりだす自然美を大胆な筆致で描き出しています。このように雲は、大自然の象徴として画中に様々な形で登場しながら、名脇役、あるいは主役としての役目を果たしているといえます。
本展は、茨城県が所蔵する作品の中から日本画、油彩画、水彩画等23点を展示し、雲の描かれた作品の魅力を紹介します。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/02_syozou.html
会場住所
〒319-1703
茨城県北茨城市大津町椿2083
交通案内
電車: JR常磐線にて大津港駅下車。タクシーで約5分。
車: 常磐自動車道、北茨城インター及びいわき勿来インターから約15分。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
茨城県北茨城市大津町椿2083
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索