タイトル等
須田悦弘による 江戸の美
会場
千葉市美術館
会期
2012-10-30~2012-12-16
休催日
第1月曜日[11月5日、12月3日]
開催時間
10:00~18:00
金・土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般200円[160円] 大学生150円[120円]
※同時開催「須田悦弘 展」入場者は無料
※小・中学生、高校生、千葉市内在住60歳以上または千葉県在住の65歳以上の方、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※[ ]内は団体30名以上の料金
主催者
千葉市美術館
概要
「須田悦弘 展」開催にあわせ、7階展示室では、須田自ら千葉市美術館のコレクションから選んだ江戸絵画・版画の名品を展示します。さらに会場の随所で、出品作品と自作の花の木彫を組み合わせて、時代を超えた美の競演を演出。これまでにないユニークな古美術作品の展覧会を試みます。
須田悦弘は、2000年、大倉集古館で開かれた「拈華微笑―仏教美術の魅力」で、国宝の《普賢菩薩騎象像》のケース内に小さな《雑草》を忍ばせました。彼自身「私にとってターニング・ポイントとなった展示のひとつ」とこの展覧会を評しているように、以後も機会あるごとに、古美術作品と自作の木彫を組み合わせた展示を行ってきました。通常のインスタレーションとはひと味違った、古美術と現代美術のコラボレーションの魅力をお楽しみ下さい。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2012/1030_2/1030_2.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索