タイトル等
木下コレクション1
装身具の美
会場
掛川市二の丸美術館
会期
2012-10-06~2012-11-18
休催日
毎週月曜日(10月8日は開館)、10月9日
開催時間
午前9時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般200(160)円、小・中学生100(80)円
◇セット券(美術館・掛川城天守閣・御殿)=一般500(400)円、小・中学生200(160)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※土曜日は小・中学生無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳を所持する方とその介護者1名は無料
※しずおか子育て優待カード利用可
概要
今回、二の丸美術館秋の展示は「装身具の美」。装身具とは身を装うもの、つまりアクセサリーとも解釈できますが、こちらで言う装身具とは、主に江戸・明治・大正期に人気を博した細密小物を示します。
例えば、表紙の四角い箱、これ何だと思われますか。実は、明治時代の紙巻きたばこ入れ、通称シガレットケースです。紙巻きたばこが普及し始めた明治初期に携帯用ケースとして作られたものです。手中に納まってしまう程の小さなサイズですが(写真はほぼ原寸大)、そこには限りない職人技と人々の豊かな美意識が凝縮されています。このような時代特有の美意識が盛り込まれた作品は、その他にもまだまだたくさんあります。江戸の粋なたばこ入れやきせる、武士の誇りである印籠、女性を彩る華やかな髪飾りなど、装身具と称されるもの数限りなく、その人気の程が窺えます。今回は、このような小さな細密装身具にスポットを当てた展覧会です。これらは単に小さいだけでなく、より精巧で繊細緻密であり、さらに品格と優美さが求められました。日本人が見出し、長い年月育んできた小さな美の世界をお楽しみ下さい。
会場住所
〒436-0079
静岡県掛川市掛川1142-1
交通案内
公共交通機関
掛川駅バス乗り場⑥番より 掛川バス居尻線または、倉真線に乗車、北門バス停下車徒歩1分

お車
東名高速道路 掛川I.Cから車で10分 美術館用駐車場はありません。
ホームページ
http://k-kousya.or.jp/ninomaru/
静岡県掛川市掛川1142-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索