タイトル等
新装開館記念名品展
時代の美 第3部 桃山・江戸編
五島美術館・大東急記念文庫の精華
会場
五島美術館
会期
2013-01-05~2013-02-17
休催日
毎月曜日(一月十四日と二月十一日は開館)、一月十五日[火]、二月十二日[火]
開催時間
午前10時~午後5時
入館受付は午後4時30分まで
観覧料
一般一〇〇〇円/高・大学生七〇〇円/中学生以下無料
概要
古経楼・五島慶太(一八八二―一九五九)は
昭和二十四年(一九四九)に大東急記念文庫を開設し
さらに昭和三十五年(一九六〇)に開館する
五島美術館の礎を築いた。
慶太翁が没してから半世紀を経た今
開館当初の外観をそのままに
新たに生まれかわった展示施設で
五島美術館と大東急記念文庫が所蔵する
日本と東洋の名品を四部に分けて時代別に展示し
あらためて五島慶太の美の遍歴をたどる。

多くの武将が活躍した桃山時代。武将の姿や息遣いを伝える肖像画や手紙。武将や町衆が嗜み、その用と美を兼ね備えた茶の湯のやきもの。斬新な意匠が今も人々の目を楽しませる琳派の作品。江戸の洒脱をしのばせる俳人自筆の稿本。桃山の茶の湯と江戸の文芸の世界を伝える作品を展示します。
イベント情報
■講演会
「茶道史に輝く逸品―五島美術館茶道具コレクションの特質」
竹内順一氏(永青文庫館長)
2月3日(日)午後2時より(開場・受付は午後1時)
五島美術館別館講堂 当日入館者聴講無料 椅子席100名先着順
午後1時より聴講整理券を発行します(人数により入場を制限する場合があります)

■ギャラリートーク
「日本陶磁」1月17日(木)
「琳派の造形」1月23日(水)
「名家の筆跡」2月14日(木)
各日午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館集会室 当日入館者聴講無料 椅子席30名先着順
ホームページ
http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル 03-5777-8600
会場住所
〒158-8510
東京都世田谷区上野毛3-9-25
交通案内
東急・大井町線「上野毛駅」下車徒歩5分
ホームページ
http://www.gotoh-museum.or.jp/
東京都世田谷区上野毛3-9-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索