タイトル等
齋藤三郎と新潟の工芸
会場
新潟県立近代美術館
会期
2001-11-03~2001-12-24
休催日
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
観覧料
一般410(330)円
中等教育(後期)・高校・高等専門・大学200(160)円
小学・中学・中等教育(前期)100(80)円
※( )内は20名以上団体料金
主催者
新潟県立近代美術館
概要
昨年度、県出身の陶芸家齋藤三郎の遺族より60点の寄贈を受けました。齋藤三郎は、大正2年栃尾町(現栃尾市)に生まれ、若くして近藤悠三、富本憲吉の二人の人間国宝から陶芸を学んだ後、独立して作陶を始めましたが 間もなく出征。復員後兄を頼って 越後高田(現上越市)に窯を築き、昭和56年に68歳で亡くなるまで 白磁、色絵、染付など幅広い技法を使い数多くの作品を生み出しました。特に白磁の壷や身近にある雪椿、蔬菜などを題材にした親しみやすい絵付の花瓶や湯呑みなどは 高田を始めとする多くの人々に愛され使われてきました。また疎開してきた文学の堀口大学、小田嶽夫、写真の濱谷浩、彫刻家戸張幸男との親交、会津八一や醗酵学の坂口謹一郎をはじめとする多くの文化人との交流は上越・高田地方の文化振興に大きく貢献しました。
本展では、寄贈された全作品により齋藤三郎の陶芸の全体像を紹介し、また収蔵している県出身の工芸作家の作品を一堂に展示いたします。この機会に新潟の工芸に親しんでいただきたいと願っております。
ホームページ
http://www.lalanet.gr.jp/kinbi/index.html
展覧会問合せ先
TEL:0258-28-4111/FAX:0258-28-4115
会場住所
〒940-2083
新潟県長岡市千秋3-278-14
交通案内

新幹線、在来線でお越しの方

JR 長岡駅大手口下車。


長岡駅からバスでお越しの方

[お越しの際]
長岡駅大手口 8番線の中央循環バス「くるりん」
内回り 「県立近代美術館」下車 (約20分)
外回り 「ハイブ長岡」下車 (約40分)

[お帰りの際]
長岡駅大手口 8番線の中央循環バス「くるりん」
内回り 「県立近代美術館」乗車 (約40分)
外回り 「ハイブ長岡」乗車 (約20分)
※ハイブ長岡バス停に、江陽団地経由環状線バスが停まりますが、「中央循環バス」をご利用ください。


車でお越しの方

[柏崎方面より]
…関越自動車道 長岡I.C、国道8号線を新潟方面に向かい長岡大橋手前、蓮潟交差点で右折。

[新潟方面より]
…国道8号線 長岡大橋を渡り、すぐの左折進入路を入る。


長岡駅からタクシーでお越しの方

長岡駅 大手口から乗車 (約15分)
ホームページ
http://kinbi.pref.niigata.lg.jp/
新潟県長岡市千秋3-278-14
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索