タイトル等
企画展
花の素描展
会場
町立湯河原美術館
平松礼二館
会期
2012-03-29~2012-06-25
概要
「いつごろから花が好きになったのかはっきりした記憶はないが、少年の頃から花の名前は数多く知っていたほうだ。」(『路―夢ごよみ』より)

野原を駆け回るやんちゃ坊主だったと自称する平松画伯ですが、もともと「花好きの筋」があったのでしょう。母親が家業としていた生け花の手伝いをするうちに花の名前を覚えてしまったといいます。また、結婚してからは、小さな借家の片隅に花壇を作った花好きの夫人の影響もあり、花の庭は転居をするたびに大きくなっていきました。
本格的に花づくりに夢中になるのは、鎌倉に居を構え庭の面積が一気に広がってからといいます。ちょうどこの頃、パリでの個展を機にクロード・モネの作品に出合います。モネも無類の花好きで、自宅の庭に100種類もの花を自ら育成していました。画伯が、印象派のジャポニスムの研究の際にモネを中心に据えたのは、その作品が日本的であったこともさることながら、モネが花づくりに夢中になっていたことに、自身を重ね合わせたからではないでしょうか。
現在、鎌倉と軽井沢に花の庭を持つ画伯は、自身が丹精込めて育てた花を慈しむように描いています。今回の企画展は、四季折々の可憐な花の素描を中心に紹介いたします。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/hiramatsu-reiji.html#unit-51345
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索