タイトル等
地球どうぶつ写真展
岩合徳光・岩合光昭・いのちのバトン
会場
北海道立釧路芸術館
展示室
会期
2012-07-07~2012-09-05
休催日
毎週月曜日(ただし7月16日および8月13日は開館)、7月17日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
毎週金曜日・土曜日は午後6時まで
観覧料
一般600(500)円
高大生300(200)円
小中生100(50)円
( )内は10名以上の団体料金、親子料金、リピーター料金
※障害者手帳を提示の方等は無料
※親子料金=高校生以下の子とその親
※リピーター料金=本展および「チカップ美恵子展」チケット半券を提示の方
主催者
北海道立釧路芸術館、(公財)釧新教育芸術振興基金
協賛・協力等
後 援:釧路市、釧路市教育委員会、NHK釧路放送局、釧路新聞社、FMくしろ
協 力:岩合写真事務所、クレヴィス、オリンパスイメージング株式会社、釧路動物園
協 賛:道立釧路芸術館ポポ&ももの会
概要
釧路出身の岩合徳光(1915-2007)は、新聞社のカメラマンを経てフリーとなり、動物写真の撮影に没頭。生態写真の撮影技術を独自に編み出し、日本の動物写真の草分けとして活躍しました。
岩合光昭は、岩合徳光を父に1950年、東京に生まれました。大学在学中、父の撮影に同行したことを契機に、動物写真家として歩み始めます。以後、地球上のあらゆる地域をフィールドに取材を続け、今日では世界的に高く評価されています。
本展では、動物写真において、その表現手法を確立し、また発展させてきた親子二人の写真家の足跡をたどることによって、時を超えて受け継がれる命の輝きをとらえた写真芸術の世界を紹介します。また、地球環境の変化に対しての危機意識が高まりつつある現在、自然界の中で生きる動物たちとつながり、共生していくことの大切さを考え直すよい機会ともなるでしょう。
イベント情報
●講演会「動物写真と父と私」
日時:7月7日(土)14:00~
講師:岩合光昭氏(動物写真家、本展出品作家)
会場:当館アートホール(聴講無料)

●講演会「岩合徳光・岩合光昭と動物写真の歴史」
日時:8月18日(土)14:00~
講師:福地大輔氏(北海道立近代美術館学芸員)
会場=当館アートホール(聴講無料)

●ギャラリー・トーク「野生動物~命の輝き~」
日時:7月29日、8月12日、26日(いずれも日曜日)14:00~
講師:光岡幸治(当館主任学芸員)
会場=当館展示室(要・観覧券)

●ワークショップ「紙でつくろう!たんちょうの舞」
日時:7月28日、8月4日、11日(いずれも土曜日)10:00~および14:00~
講師:辻野正氏(ペーパークラフト作家)
会場=当館美術ワークショップ(7月10日より申込受付開始、無料)

■動物園の出前講座「ふれあい動物教室」
日時:8月3日(金)、12日(日)両日とも1回目11:00~12:00、2回目13:00~14:00(雨天中止)
会場=当館前庭(釧路市動物園のどうぶつたちがやってきます。参加無料)

■どうぶつ写真を芸術館に飾ろう!
釧路市動物園でみなさんが撮影した動物たちの写真を集めて展覧会会期中、芸術館ロビーに展示します(応募方法など詳しくは芸術館へお問い合わせください。)
ホームページ
http://www.kushiro-artmu.jp/monthly_event/exhibition20120707.htm
会場住所
〒085-0017
北海道釧路市幸町4-1-5
交通案内
・JR釧路駅より 徒歩約15分 (南へ約1.2km)
・くしろバス:「十字街」「十字街7丁目」停留所下車 徒歩3~5分
・釧路空港より市内行き連絡バス 約50分→「フィッシャーマンズワーフMOO」下車 徒歩約2分
ホームページ
http://www.kushiro-artmu.jp
北海道釧路市幸町4-1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索