タイトル等
館蔵品展 身体表現と日本近代美術
物語る身体
会場
板橋区立美術館
会期
2012-05-12~2012-06-17
休催日
月曜日
開催時間
9時30分~17時
入館は16時30分まで
観覧料
観覧無料
概要
絵画に表現された身体や顔は、表情や身に付けた衣服から、その時代の画家の心情や社会背景を我々に伝えてきます。
板橋区立美術館では日本の近代美術のなかでも前衛的な傾向を持つ作品を収集、展示してきました。
本展では、コレクションの中から大正時代のプロレタリア美術運動の中で生まれた作品、戦中に働く女性たちを描いた作品、戦後のストライキの様子や基地闘争を描いたものなど、油彩画を中心に約70点を紹介します。ここに描かれた人々の表情や身振りはそれらの問題を雄弁に語っています。美術作品の中に表現された身体を通して、時代が抱えていた問題や社会背景を振り返り、考える展覧会です。
また、この会期に合わせて、昨年度ご寄贈いただきました、西川藤太郎氏の木口木版画12点と中村宏氏の油彩画1点をお披露目いたします。
イベント情報
[講演会]
5月26日(土) 「自画像に見えるもの/見えないもの」
講師:鵜飼哲(一橋大学大学院教授)

6月9日(土) 「からだを作る、からだを壊す」
講師:蔵屋美香(東京国立近代美術館 美術課長)

各回とも午後2時より90分(午後1時開場予定)
当館講義室にて、聴講無料、先着100名。当日、直接会場へおいでください。


[ギャラリートークと小さなワークショップ]
担当学芸員が展示室をめぐりながら作品や作家についてお話いたします。
また、参加者限定で小さなワークショップも行います。
日程:5月13日、20日、27日、6月3日、10日、17日
いずれも日曜日、午後2時より60分程度、参加無料。
当日、直接2階展示室へおいでください。
ホームページ
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/schedule/e2012-02.html
会場住所
〒175-0092
東京都板橋区赤塚5-34-27
交通案内
徒歩

・都営三田線「西高島平駅」下車 徒歩13分

・東武東上線「下赤塚駅」、東京メトロ「地下鉄赤塚駅」下車 徒歩25分


路線バス (所用時間約10分)

・東武東上線「成増駅」北口 2番のりばより
「(増17) 美術館経由 高島平操車場」行き「区立美術館」下車
※東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」(5番出口)も利用可。

・都営三田線「高島平駅」西口 2番のりばより
「(増17) 美術館経由 成増駅北口」行き「区立美術館」下車

※美術館を経由しないバスもありますので、乗車前にご確認ください。
※美術館前に停まるバスは1時間に1~2本です。

※下記のバスもご利用いただけます。(下車徒歩5~6分)
・東武東上線「成増駅」北口1番のりばより
「(赤02)赤羽駅西口」行き「赤塚八丁目」下車 (所要時間6分程度)

※コミュニティバス「りんりんGO」もご利用いただけます。


タクシー
・東武東上線「成増駅」北口、都営三田線「高島平駅」西口より約5分
※「新高島平駅」「西高島平駅」には、タクシー乗り場がなく、つかまりにくいため、「高島平駅」からご利用ください。
ホームページ
http://www.itabashiartmuseum.jp/
会場問合せ先
テレフォンサービス 03-3977-1000
東京都板橋区赤塚5-34-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索