タイトル等
第4期コレクション展 「近・現代の洋画」
生誕120年 権藤種男展
会場
大分市美術館
展示室3
会期
2012-01-11~2012-04-15
観覧料
一般:300(250)円、高校生・大学生:200(150)円
中学生以下は市内市外を問わず無料
※( )は団体(20名以上)料金
※上記料金にてコレクション展(常設展)(展示室1~4等)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展(常設展)もあわせてご覧いただけます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展(常設展)では「大分市美術館年間パスポート」がご利用いただけます。
主催者
大分市美術館
概要
権藤種男は、1881(明治24)年、大分市に生まれ、1912(大正元)年、東京美術学校図画師範科を卒業、郷里で教職に就いた後、1916年、再上京し、翌年、第11回文展で《驟雨の後》が初入選し、1920年には、第2回帝展で《徒然》が首席特選を受賞しました。
当時は、帰国した画家たちや美術雑誌により、明治期末に紹介された印象派、後期印象派に加え、フォーヴィスム等の西洋美術の新たな動向が伝えられましたが、印象派や後期印象派、中でもセザンヌの作風に影響を受けながら、権藤は、風景画を中心に、日本の風土に根ざした油彩画を探求しました。
また、1930(昭和5)年には、第11回帝展で《盛夏》が2度目の特選を得、1933年、推薦(永久無鑑査)となり、官展での地位を確立しました。
1944年、帰郷し、戦後になると、大分県美術協会の再建・運営に尽力する一方、戦前の画風を受け継ぎ、穏健な写実、清清しい空気感により、郷里の風景を抒情豊かに描き出しました。
今回は、権藤が家族に残した未公開作品を中心に、戦火により焼失し、遺作の少ない官展時代から没年までの権藤の画業の歩みをたどります。
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索