タイトル等
~日中国交正常化40周年記念~
地上の天宮(てんきゅう) 北京・故宮博物院展
南宋の名画 海外初公開!
紫禁城(しきんじょう)を彩る后妃(こうひ)たち
会場
東京富士美術館
会期
2012-03-29~2012-05-08
休催日
月曜日(ただし、4/30(月)~5/8(火)は無休)
開催時間
10:00~17:00
入館は30分前まで
観覧料
大人:1,200(1,000)円、大高生:800(700)円、中小生:400(300)円
※新館常設展示室もご覧になれます。 ※土曜日は中小生無料。 ※( )内は、前売券、各種割引料金[20名以上の団体・65歳以上の方・当館メルマガ登録者ほか] ※前売券はローソンチケット【Lコード37175】、電子チケットぴあ【Pコード764-944】、各プレイガイドでお求めになれます。 ※障がい者および付添者1名は半額[証明書等をご提示下さい] ※誕生日当日にご来館された方はご本人のみ無料
主催者
東京富士美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
後援:外務省、文化庁、中国文化部、中国大使館、八王子市、八王子市教育委員会 特別協力:北京・故宮博物院 協力:NHKエデュケーショナル、ヤマトロジスティクス 企画協力:黄山美術社
概要
明時代以降、24人の皇帝が居住した紫禁城(故宮)に所蔵されている明・清両王朝のゆかりの絵画・工芸・服飾・宝飾などの名品約200点を通し、中国宮廷文化の精髄を紹介します。
とりわけ、今回の美術展では、后妃や宮女など故宮に生きた女性たちの知られざる波乱万丈の生涯にスポットを当てます。また、同時に女性たちの鮮烈な生の輝きに照らされて浮かび上がる「地上の天宮・紫禁城」の魅力をドラマチックに描き出します。
特別出品として、儒教思想を背景とした女性の徳と教育をテーマに描いた故宮秘蔵の南宋の名画《女孝経図(おんなこうきょうず)》巻を海外初公開。更に西太后をはじめ皇后や皇妃などが用いた貴重かつ豪華な食器セットの一部再現も試みます。
イベント情報
シアター(映像コーナー)
約14分の特別映像を放映いたします。(NHKエデュケーショナル制作)
※ご入館には展覧会の入場料が必要です。
※記念講演会を開催する日は、正午より上映は行いません。

記念講演会
講師:入江曜子氏(作家)
演題:「紫禁城-歴史の中の后妃たち」
日時:4月13日(金)午後3時~4時
※聴講は無料。応募方法は、往復はがきに住所・氏名・電話番号をお書きの上、当館「講演会係」までお申し込みください。ご入館には展覧会の入場料が必要です。定員200名。4月6日(金)必着。
ホームページ
http://www.chijonotenkyu.jp/
会場住所
〒192-0016
東京都八王子市谷野町492-1
交通案内
バス_

JR八王子駅
北口・西東京バス12番のりばより
(ひよどり山トンネル経由)
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

北口・西東京バス11番のりばより
(八日町経由)
創価大学循環
(12:29発までは14番のりばより発車)

京王八王子駅
西東京バス4番のりばより
創価大正門東京富士美術館行き
創価大学循環

JR拝島駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス3番のりばより
工学院大学(高月経由)行き、「創価大正門東京富士美術館」で下車
純心女子学園行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

JR秋川駅 ※1時間1本程度運行
西東京バス2番のりばより
京王八王子駅(サマーランド、ひよどり経由)行き、「純心女子学園」で下車、徒歩10分

高速道路_

中央高速八王子インターチェンジ
第2出口より八王子市街方面へ進み、国道16号に合流。
三つ目の信号(谷野街道入口)を右折、直進し、二つ目の信号(谷野町)を右折。

圏央道あきる野インターチェンジ
秋留橋を左折し、国道411号線(滝山街道)に合流。
国道16号方面(八王子市方面)へ直進(6km)。
純心学園前交差点を右折し直進(700m)。
ホームページ
http://www.fujibi.or.jp/
東京都八王子市谷野町492-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索