タイトル等
時代の浮世絵師-弦屋光溪展
会場
茅ヶ崎市美術館
会期
2001-09-22~2001-10-28
休催日
9/25・26・10/1・9・10・15・22
観覧料
一般300(200)円、高大生100(70)円、小中生50(30)円、未就学児は無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
財団法人茅ヶ崎市文化振興財団
概要
同時代に生きる歌舞伎俳優の容姿をうつす木版画家として独自の地位を占めている弦屋光溪(つるや・こうけい)は1946(昭和21)年に茅ヶ崎に生まれました。
青年時代、染色家の道を志すも断念、会社勤めのかたわら木版画や絵画の制作を続けていましたが、78(同53)年、歌舞伎観劇をとおして自分なりの役者絵の創造を決意します。それは絵師・彫師・摺師の分業による伝統的な浮世絵版画の制作方法とは異なる自画・自刻・自摺の木版画ですが、作品自体は紛れもなく江戸以来の役者絵の系統をひくものといえるでしょう。
本展では78年から22年間にわたり制作された、歌舞伎座内での役者絵シリーズのほか、人物画や花をモチーフとした作品100余点と版木を展示します。これは弦屋光溪の全貌を紹介する回顧展であると同時に、「独学独創独行」を座右の銘として制作に邁進する作家の今後の活動の原点ともなる展覧会です。
ホームページ
http://www.chigasaki-arts.jp/museum
展覧会問合せ先
茅ヶ崎市美術館 tel.0467-88-1177
会場住所
〒253-0053
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
交通案内
■ 公共の交通機関でお越しの場合
徒歩
JR茅ヶ崎駅南口より 高砂通りを南へ向かい 徒歩約8分です。

バス
同駅南口よりコミュニティバスえぼし号をご利用ください。
① 中海岸南湖循環市立病院線に乗車(約1分)し、
② 図書館前で下車、高砂緑地入口まで約70mです。

■ お車でお越しの場合
新湘南バイパス [茅ヶ崎海岸IC]より 江の島方面(左側二車線)へ、[柳島]交差点を左折し、国道134号線を進み、[野球場前]交差点を左折し、約800m直進すると右手に美術館専用駐車場があります。
ホームページ
http://www.chigasaki-arts.jp/museum/
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索