タイトル等
開館10周年特別展 佐川美術館所蔵
平山郁夫展
大唐西域画への道
会場
高崎市タワー美術館
会期
2012-02-05~2012-03-31
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後6時
金曜日のみ午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般700(600)円・大高生500(420)円
※( )内は、20名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料
主催者
高崎市タワー美術館
協賛・協力等
後 援/上毛新聞社、NHK前橋放送局、群馬テレビ、エフエム群馬、ラジオ高崎
企画協力/産経新聞社
概要
平山郁夫は平和への祈りを込めた数々の優れた作品と、文化財保護活動による偉大な足跡を遺し、平成21年12月に逝去されました。自らの被爆体験から玄奘三蔵の苦難の歩みに思いを寄せ、仏教伝来の道程からシルクロードをテーマに描き続け、その集大成として奈良・薬師寺に「大唐西域壁画」を献納しました。本展覧会に出品される「大唐西域画」は、壁画の約四分の一の大きさで描かれた作品で、より多くの人々に玄奘三蔵の求道の軌跡を観てほしいという平山の願いと、画業の集大成へ至る深い情熱が込められています。
高崎市タワー美術館の開館10周年特別展として開催する本展覧会では、佐川美術館が誇る国内最大規模の平山コレクションから、「大唐西域画」を始めとする約70点の本画・素描を展観し、最も愛された日本画家・平山郁夫の生涯と平和を追求し続けた活動をご紹介します。
イベント情報
関連事業
記念講演会「平山郁夫とともに」
講師/平山美知子(平山郁夫シルクロード美術館館長)・小川貞夫(彌生画廊代表者)
日時/平成24年3月10日(土)午後2時~3時 会場/高崎タワー21 集会室
募集人数/100名(応募者多数の場合は抽選)
応募方法/往復はがきに住所・氏名・電話番号を記入し、下記宛にお送りください
〒370-0841 高崎市栄町3-23 高崎市タワー美術館講演会係
●1枚につき1名様の応募となります ●締切2月29日(消印有効) お問合せ/TEL 027-330-3773

学芸員による作品解説会
2月5日・18日、3月3日・17日・25日
午後2時~
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/t/2011_05.htm
会場住所
〒370-0841
群馬県高崎市栄町3-23 高崎タワー21
交通案内
JR高崎駅東口から徒歩2分(駅とデッキで直通)
関越自動車道 高崎インターから自動車で約20分
ホームページ
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014021900025/
群馬県高崎市栄町3-23 高崎タワー21
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索