タイトル等
特別企画
「東北の底力、心と光。 「衣」、三宅一生。」
会場
21_21 DESIGN SIGHT (東京ミッドタウン・ガーデン内)
会期
2011-07-26~2011-07-31
会期中無休
開催時間
11:00~20:00
入場は19:30まで
観覧料
無料
主催者
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
協賛・協力等
後援: 青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、港区
協賛: ISSEY MIYAKE INC.、A-net Inc.、HUIT Inc.
協力: 株式会社NHKエデュケーショナル、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社竹尾、有限会社テクモリ、日本ビクター株式会社、毎日新聞社、マックスレイ株式会社、株式会社マルニ木工、三井不動産株式会社、ヤマハ株式会社
概要
21_21 DESIGN SIGHTでは、7月26日から31日までの6日間、東北地方の人々が築いてきた文化に焦点をあてる特別企画を開催します。

東日本大震災を受け、私たちは多くのことに気づき、考えさせられました。そのひとつが東北地方の人々の精神とものづくりの持つ、大きな力です。雪の季節が長く厳しい環境のなか、人々は自然と共存する暮らしを大切に、工夫を凝らしながら、美しく力強い日用品を生み出してきました。
かつて柳 宗悦が、「日本でのみ見られるものが豊(ゆたか)に残っている、手仕事の国」とも記した東北地方。こうしたものづくりの知恵や、長い歴史のなかで伝えられ、磨かれてきた伝統的な手仕事の技は、今日、私たちの社会を支えるさまざまな技術にも結びついています。

今回は生活の基礎となる「衣食住」の「衣」に軸をおき、21_21 DESIGH SIGHTディレクターのひとりである三宅一生が、東北で生み出される日用品の数々をその背景とともに紹介します。自身の衣服デザインにおける東北との関わりを通して、東北の「底力」を多くの方々とともに見つめていきます。
過剰なほどに消費してきた現代に暮らす私たちが忘れかけている、しかし大切にしなくてはならない「心」が、この地方のものづくりにはあります。未来に向かっていく希望の光も、そこから生まれ出るのではないでしょうか。

会期中には展示や映像上映のほか、さまざまな分野の方々に連日ご登場いただき、東北のものづくりやその精神に触れるトークや公開制作、詩の朗読や音楽の演奏も開催します。
ホームページ
http://www.2121designsight.jp/program/spilit_tohoku/
会場住所
〒107-0052
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
交通案内
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅、千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
ホームページ
http://www.2121designsight.jp/
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索