タイトル等
信用ゲーム
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
会期
2001-11-02~2001-12-24
休催日
月曜日(12/24は開館)
観覧料
一般800(600)円/大高生600(450)円/中小生400(300)円
※( )内は15名様以上の団体料金
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
概要
"■はじめに

1971年,世界はふたつのゲームを始めました.
ひとつは「テレビゲーム」.「コンピュータスペース」という世界初の商用ゲームが発売された年です.

もうひとつは「マネーゲーム」.ドルと金(きん)の兌換が停止されたことにより,おかねはモノの価値に直接リンクしない「信用」のやりとりになりました.
おかねは,数字という純粋な「情報」になったのです.

遊びのデジタル化は,私たちの娯楽のスタイルを大きく変え,おかねの情報化は,実体経済よりも何百倍も大きな金融経済を生み出しました.同じ1971年に,世界初の電子株式市場であるNASDAQが稼動を始めたことは,もう一つの象徴といえるでしょう.

この企画展の大テーマは「おかね」です.
おかねとは何でしょう.おかねに価値があるのはなぜでしょう.

それはもちろん,使用価値ではありませんし,法律で強制できるような法定価値でもありません.おかねとは,「信用」を唯一のルールとする世界最大のゲームなのです.

広義の経済学からいえば,「信用(クレジット)」には二種類あります.
ファイナンシャル・クレジットとリアル・クレジット.わかり易くいえば,「おかねに換えられる価値」と「おかねに換えにくい価値」ということです.

前者は金銭的な価値そのもの,後者は「愛」や「感謝」といった言葉で表現されるでしょう.そして,どちらも「信用」を前提にした人と人の営為なのです.

「信用ゲーム」展は,「おかねに換えられる価値」と「おかねに換えにくい価値」の両方を,アートの文脈から問い直す試みです.


■展覧会概要

トーキングヘッズのフロントマンだった,デヴィッド・バーンは紙幣をモチーフにしたコラージュ作品を出展.欧州のメディア・アート界では既に知られた存在のetoyは,アーティストでありながら,意識的に株式会社という形態を取り,「金銭価値ではなく""文化価値""を創造する」と主張します.いずれも日本では初公開です.他にも,資産運用の知識がつくコンピュータ・ゲーム.株式トレードをモチーフにしたVRシステムなど,バラエティに富んだ展示を準備しています.
(桝山寛/ますやま・ひろし/ICCゲスト・キュレーター)"
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp
展覧会問合せ先
フリーダイヤル0120-144199
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索