タイトル等
宮城県美術館開館30周年記念
クレーとカンディンスキーの時代
宮城県美術館・宇都宮美術館所蔵作品による
会場
宮城県美術館
会期
2012-01-14~2012-03-04
休催日
月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
発券は午後4時30分まで
観覧料
一般1000(900)円/学生800(700)円/小・中・高校生300(200)円
*カッコ内は20名以上の団体料金
主催者
宮城県美術館/宇都宮美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会/ミヤギテレビ
協賛・協力等
後援=仙台市教育委員会/河北新報社/NHK仙台放送局/TBC東北放送/仙台放送/KHB東日本放送/Date fm
協賛=ライオン/清水建設/大日本印刷/損保ジャパン 協力=宮城県美術館協力会
概要
絶妙な色彩構成とともに童心の奔放さをあわせ持つパウル・クレー(1879-1940)。音楽のように,絵画によって純粋に内面的な響きを奏でようとしたヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)。20世紀を代表する芸術家である二人の作品を中心として,ユーゲントシュティールから表現主義,そしてバウハウスにいたる20世紀前半のドイツ語圏の美術を,宮城県美術館(2011年で開館30周年)と宇都宮美術館(2012年で開館15周年)の二館の所蔵による,総数約260点に及ぶ作品によってたどります。
本展は,両美術館が所蔵するクレーとカンディンスキーの全作品が,会期中展示替えなく公開される初めての機会となります。またグスタフ・クリムトやエゴン・シーレ,オスカー・ココシュカら重要な作家の作品や,バウハウスの家具などのプロダクト・デザインも含まれます。
この展覧会は,「美術館の時代」ということが盛んに言われた1980年代から,今日までの歩みの中で日本の二つの美術館が培ってきた成果(コレクション)が,新たな視点のもとに構成され一つの展覧会として結実したものです。なお、この展覧会の企画は宮城県美術館,宇都宮美術館,新潟県立万代島美術館の三館が共同で行いました。
イベント情報
対談―ふたつの美術館とコレクション 谷 新(宇都宮美術館館長)×西村勇晴(北九州市立美術館館長・前宮城県美術館副館長)
2012年2月12日(日) 午後1時30分より,アートホール,入場無料
展示解説 当館学芸員
2012年1月15日(日),2月5日(日),3月4日(日) 午後2時より,展示室にて *観覧券をお求めの上,展示室入口にお集まりください。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/bijyutu/mmoa/ja/exhibition/20120114-s01-01.html
会場住所
〒980-0861
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通案内
>> 【公共交通機関をご利用の場合】
■ 地下鉄
仙台市営地下鉄 東西線
「国際センター駅」 西1出口から北へ 徒歩7分、
「川内」駅 北1出口から東へ 徒歩7分。

■ 路線バス
仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分。
(仙台駅より所要約15分)

■ るーぷる仙台
仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。
当館の最寄りには 「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

>> 高速道路をご利用の場合
東北自動車道・仙台宮城I.C.より仙台方面(仙台西道路)に入り、仙台城跡方面を経由して美術館へ。 I.C.より約15分。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索