タイトル等
大竹茂夫個展
会場
ギャラリー島田
会期
2011-12-03~2011-12-14
開催時間
12:00~19:00
※火曜日は-18:00、最終日は-17:00
概要
'05年には大竹さんに「この文明が滅びたあとの世界はどうなるのだろうか?」と問い、それが「菌生代」として発表されました。大竹ワールドの住人である菌が人間に取り憑き、菌人類となり、新しい能力を身につけて、異次元の文明、都市を創りあげる物語でした。そして'08年には「粘菌者の王国」が誕生したのです。
さて大竹大王が君臨する王国のその後の物語は?
大竹さんの学生時代のめずらしい初期作品とあわせてご覧頂きます。 島田 誠
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/ootake_1112.html
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索