タイトル等
岐阜県陶磁器試験場の一〇〇年展
人間国宝 加藤土師萌・加藤孝造を輩出した試験研究機関のあゆみ
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーI
会期
2011-12-10~2012-03-25
休催日
月曜日、12月29日から翌年1月3日まで
開催時間
10:00~18:00
入館は17:30まで
観覧料
一般 320円(260円) 大学生 210円(160円) 高校生以下 無料
( )内は団体20名以上
主催者
岐阜県セラミックス研究所・岐阜県現代陶芸美術館
概要
岐阜県陶磁器試験場(現岐阜県セラミックス研究所)は明治44年(1911)、岐阜県産業課陶磁器試験分室として設置され平成23年(2011)に創立100周年を迎えました。美濃は当時すでに一般大衆向け陶磁器製品の一大産地でしたが、そうした中で窯業技術の近代化や工芸面からの製品改善などに公設試験研究機関として主導的な役割をはたし、あまたの業績を残してきました。のちに人間国宝となる加藤一(土師萌)や加藤孝造も職員として業界の指導に当たっています。研究所にはそれら指導のための見本試作品や自らの資質向上を図るために制作した公募展出品作品、また美濃焼のイメージ刷新と人材養成を兼ねて中間工場施設で生産し実際に販売された岐阜県窯の商品などが数多く収蔵されています。試験場を舞台としてさまざまな技術職員が交差し活躍した一世紀に及ぶその足跡について、作品と関連資料を通して初めてご紹介します。
イベント情報
関連企画
■ 岐阜県陶磁器試験場の100年展開催記念鼎談
伊藤慶二(陶芸家)× 加藤孝造(陶芸家)× 榎本徹(岐阜県現代陶芸美術館館長)
日時:2012年1月28日(土) 午後2時~
場所:岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム

ギャラリートーク
毎週日曜日、午後1時30分より学芸員によるギャラリートークを行います。

同時開催
■ アラビア × フィンランド陶芸 -北欧モダンデザインの変遷-
ARABIA x Finnish Ceramics
2011年11月12日(土)~2012年2月12日(日)
ギャラリーII
■ 井田照一展 -土に挑む-
2012年2月21日(火)~2012年7月1日(日)
ギャラリーII
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索