タイトル等
芹沢けい介の本の世界
私本(しほん)・私家本(しかぼん)・装幀本(そうていぼん)
会場
静岡市立芹沢銈介美術館
会期
2001-09-28~2001-12-02
休催日
毎週月曜日(10/8をのぞく)、10/9、10/31、11/30
観覧料
大人410円、学生250円、小人150円
団体30名以上は50円引き、大人360円、学生200円、小人100円
主催者
静岡市
(財)静岡市文化振興財団
概要
芹沢けい介は、昭和6年に師である柳宗悦らが創刊した雑誌「工藝」の装幀を型染で担当したのを皮切りに、本の世界に強い関心を持つようになり、生涯に500冊を越えるともいわれる本の装幀をしました。また装幀にとどまらず「芹沢本」とも呼ばれる絵本も愛書家の間ではよく知られるところです。
当館はこれら芹沢の本の仕事を多数収蔵しており、今回はこれらのうち200点を精選してごらんいただきます。
ホームページ
http://www.seribi.jp/
展覧会問合せ先
静岡市立芹沢銈介美術館054-282-5522
会場住所
〒422-8033
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
交通案内
[バス]
静岡駅南口、しずてつジャストライン22番バスのりばから、「登呂遺跡」行きに乗車、終点「登呂遺跡」にて下車。約12分。

[タクシー]
静岡駅南口から登呂公園へ。約10分。

[東名高速]
静岡インターより約10分。
(「登呂遺跡」の道路標識をたどっておこしください)
ホームページ
http://www.seribi.jp/
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索