タイトル等
中山巍と1920年代のパリ
~佐伯祐三・マチス・ヴラマンクなど
会場
安曇野市豊科近代美術館
会期
2001-09-01~2001-09-24
休催日
会期中無休
観覧料
一般:800(700)円 大高生600(500) 小中学生400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
豊科近代美術館/(財)豊科町文化財団
共同巡回展実行委員会
概要
中山巍(たかし)は、1893年(明治26年)岡山市に生まれ、東京美術学校を卒業後、渡仏します。
大正時代の1920年代、当時のパリには、多くの日本人画家が集い、青春時代を過ごしました。
本展覧会は、岡山県立美術館所蔵の中山作品を中心に、パリ時代をともに過ごした佐伯祐三や里見勝蔵、前田寛治ら友人の作品と、彼らが影響を受けたマチスやヴラマンク、シャガールの1920年代の作品を展示します。
なお、本展覧会は、(財)地域創造の市町村立美術館等活性化事業として、助成を受けており、当館を皮切りに、全国4館をまわる共同巡回展です。
ホームページ
http://azumino-artline.net/toyoshina/diary/
展覧会問合せ先
0263-73-5638
会場住所
〒399-8205
長野県安曇野市豊科5609-3
交通案内
●新宿からJR中央東線で松本(特急あずさ2時間半)/名古屋からJR中央西線で松本(特急しなの2時間)→JR大糸線乗り換え豊科駅下車徒歩10分/JR篠ノ井線乗り換え田沢駅下車タクシー10分
●長野道豊科I.C.5分
長野県安曇野市豊科5609-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索