タイトル等
中国美術の精華
台北・鴻禧美術館所蔵品展
会場
北海道立帯広美術館
会期
2001-07-13~2001-09-05
休催日
月曜日
観覧料
一般830円、高大生510円、小中生300円(心身に障害のある方等無料)
主催者
北海道立帯広美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
概要
鴻禧美術館は、1991年台北市に開館した台湾で最も著名な私立美術館です。中国陶磁器をはじめとするコレクションは国際的にも高い評価を得、欧米諸国で展示公開されるなど海外との交流も盛んに行っています。
本展は、同館の所蔵作品の中から、漢代から宋代までの陶磁器を中心に、近代絵画、金銅仏、明清代の漆器や琺瑯器、茶具、文房具、鼻煙壺などの工芸品、合わせて180点余を展示し、長い歴史を持つ中国美術の精華を紹介するものです。精緻を極め、高雅にして秀麗な名品の数々からは、中華民族の生活観や中国の文人たちが理想とした世界観の一端をうかがい知ることができます。
北海道と台湾との交流が活発になっている今日、中国文化と芸術への理解を深める機会となれば幸いです。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-obimu/
展覧会問合せ先
TEL 0155-22-6963 FAX 0155-22-4233
会場住所
〒080-0846
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
交通案内
バス / 拓殖バス (帯広駅バスターミナル②番より):
【25 帯広の森線】【21~24 南商業高校線】乗車16分で「緑ヶ丘6丁目・美術館入口」下車 徒歩4分 (平日=毎時2便、土日祝日=毎時1便)

タクシー / JR帯広駅より約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/obj/
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索