タイトル等
収蔵品展 西洋美術への招待
会場
静岡県立美術館
会期
2005-12-21~2006-02-12
休催日
12月26日(月)~1月1日(日)、1月10日(火)、1月16日・23日・30日と2月6日の各月曜日
開催時間
10:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
観覧料
一般・大学生300円(200円)
小・中・高生及び70歳以上は無料
企画展をご覧になった方は無料

*( )内は20名以上の団体料金
*あわせてブリッジギャラリー、ロダン館もご覧いただけます。
概要
美術館のコレクションを充実させるには、気の遠くなるような歳月が必要になる、とよく言われます。静岡県立美術館が美術品を収集し始めたのは1980年頃ですから、コレクション歴はまだ30年に満たないことになります。しかし、収集の歴史は浅いながら、そのコレクションには西洋美術の秀作がいくつも含まれています。それらの秀作は、欧米の大美術館に展示されても、まったく見劣りしないものばかりです。
今回の「西洋美術への招待」は、当館で所蔵する西洋絵画のエッセンスを中心に組み立てています。ヨーロッパの絵画は、聖書や神話の主題を扱う世界から、現実を映し出すリアリズムの世界へと変化していきます。17世紀のクロード・ロランやロイスダールから、ターナーやコンスタブルを経て、印象派のモネやピサロへ。そして、20世紀にはいり絵画は抽象へと向かう傾向を一気に強めます。
西洋絵画のエッセンスを公開するこの機会に、「ここならでは」の秀作の数々をお楽しみいただければ幸いです。
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
展覧会問合せ先
Tel.054-263-5755
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索