タイトル等
日本のわざと美展
重要無形文化財とれおを支える
会場
茨城県陶芸美術館
会期
2005-11-19~2005-12-21
休催日
月曜日
開催時間
月曜日
観覧料
午前9時30分-午後5時[入場は午後4時30分まで]
主催者
主 催: 文化庁・茨城県教育委員会・茨城県陶芸美術館
概要
「『日本のわざと美』展-重要無形文化財とそれを支える人々-」は、文化庁との共催により、我が国の伝統工芸における最高の「わざ」と「美」を、工芸技術の重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)および保持団体の代表的な作品約170点と、それらを支える選定保存技術21件の関係資料等により総合的に紹介するものです。
茨城県関係としましては、重要無形文化財保持者に平成5年に認定された松井康成(陶芸「練上手」)と、平成14年に認定された大西勲(漆芸「きゅう漆」)、昭和51年に認定された本場結城紬技術保持会(染織「結城紬」)の作品が出品されます。
重要無形文化財に指定された陶芸、染織、漆芸等の伝統的な工芸技術とともに、それらの工芸技術の表現に欠くことのできない用具や材料の製作・生産等の技術のうち、特に選定された文化財の保存技術を広く公開する本展覧会を通じ、文化財とその保護に対する関心や理解が深まることを願っております。

※染織と金工の一部は前後期展示替えをし、前期(12月4日(日)まで)のみに展示される保持者・保持団体と後期(12月6日(火)から)のみに展示されるものとがあります。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
茨城県陶芸美術館:0296-70-0011
会場住所
〒309-1611
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
交通案内
[電車]
・JR常磐線で上野駅~友部駅 (特急70分)
・友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車
・笠間駅からタクシーを利用して5分
・友部駅から笠間市内観光周遊バス (料金100円 ※平成20年4月1日~)で20分

[車]
・北関東自動車道 友部インターから10分、笠間西インターから15分
・常磐自動車道 岩間インターから25分、水戸インターから30分

[高速バス]
茨城交通高速バスで秋葉原駅~やきもの通り、または笠間駅(120分)下車
※平成24年6月1日より運行、1日4便

かさま観光周遊バス
※運行日は月曜日(祝日の場合は翌日)を除く毎日です。
※乗車定員制(36名)のため、お乗りいただけないこともあります。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索