タイトル等
ナポレオンとヴェルサイユ展
会場
神戸市立博物館
会期
2005-12-03~2006-03-19
休催日
毎週月曜日
開催時間
9:30-17:30
金・土曜日は19:00まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
(当日)一般:1,300 高校・大学生:950 小・中学生:500
(前売り)一般:1,100 高校・大学生:800 小・中学生:400
(団体30名以上)一般:1,000 高校・大学生:700 小・中学生:350
主催者
神戸市、神戸市立博物館、ヴェルサイユ宮殿美術館、日本経済新聞社
概要
1804年12月2日、ナポレオンはパリのノートルダム大聖堂で戴冠式を行いました。皇帝戴冠200周年を記念して、ナポレオン関係のコレクションでは世界有数の規模を誇るヴェルサイユ宮殿美術館の絵画、彫刻、家具、工芸品を中心に、「ナポレオンとヴェルサイユ展」を開催します。ヴェルサイユ宮殿美術館の全面的な企画協力により、ナポレオンの波乱の生涯を縦軸にして、その時代に花開いた新しい美術様式や文化、社会の様子を浮き彫りにしようとする試みです。
2002年から03年にかけて開催された前回のヴェルサイユ展で紹介した「王たちの時代」を引き継ぎ、歴史が大きく転換した時代-フランス革命、マリー=アントワネットの死、ナポレオンの台頭、そして彼が生み出した近代社会の萌芽を美術品でたどります。ダヴィット、ジェラール、グロといった時代を代表する画家たちの勇壮な油彩画、ヴェルサイユ宮殿のグラン・トリアノンにおいてナポレオンが使用した家具やセーヴル磁器の飾り壺、ジョゼフィーヌとの離婚後、皇妃となったハプスブルク家のマリー=ルイーズが使用した調度品、食器、ジュエリー、また、皇妃ジョゼフィーヌゆかりのジュエリーなど、数多くの日本初公開作品を展示、あわせて皇帝が執務し生活した宮殿室内を再現します。
知られざるヴェルサイユとナポレオンが織りなすドラマを、ぜひご鑑賞ください。
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/
展覧会問合せ先
テレホンサービス 078-332-7810
会場住所
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町24
交通案内
●JR「三ノ宮」駅、ポートライナー・地下鉄(山手線)「三宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅から 南西へ徒歩約10分
●JR・阪神「元町」駅から 南東へ徒歩約10分
●地下鉄(海岸線)「旧居留地・大丸前」駅から 南東へ徒歩約5分
●新幹線「新神戸」駅で 地下鉄(山手線)に乗り換え「三宮」駅下車
●神戸空港からは ポートライナーで約18分、「三宮」駅下車
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/museum/
兵庫県神戸市中央区京町24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索