タイトル等
スイス現代美術展
リアルワールド-現実世界
会場
千葉市美術館
会期
2005-12-17~2006-02-26
休催日
毎週月曜日と12月29日~1月3日(ただし1月9日は祝日のため開館。翌10日は休館)
開催時間
10:00~18:00(入館受付は17:30まで)
金曜日は10:00~20:00(入館受付は19:30まで)
(ただし12月23日は祝日のため18:00閉館)

観覧料
一般800円(640円) 大学・高校生560円(450円) 中・小学生240円(200円)
( )内料金は団体30名以上または前売料金
主催者
千葉市美術館
概要
スイスはホドラー、クレー、ル・コルヴィジェ、ジャコメッティ、ティンゲリーなど、世界的な美術家を数多く輩出してきました。この伝統は今日も続いており、多くのスイス人アーティストたちが世界中で活躍しています。

「スイス現代美術展 リアルワールド-現実世界」は、現在国際的に活躍する5人(組)のスイス人アーティスト、シルヴィー・フルーリ、ファブリス・シージ、モゼール&シュヴィンガー、シャリヤー・ナシャット、ウーゴ・ロンディノーネの作品と通して、日本の皆様にスイス現代アートの最前線を紹介する展覧会です。近年スイスでは、日常生活で見慣れたオブジェやイメージを作品に引用しつつ、それらの裏側に隠された事実を白日の下にさらそうとするアーティストが注目を集めています。私たち大きな影響力を及ぼすことを、彼らの作品は明らかにします。彼らの作品を通して、観光地としての表層的なイメージの裏側にある、スイスの生きた文化状況の一端を日本の方々に紹介することができればと考えています。

本展は、何らかのかたちで、日本人も身近に感じることが出来るテーマを扱うアーティストを選出しました。高級ブランドの光と影を誇張して表現するフルーリ、緊急用や警察用の装備品に隠された意味を探るシージ。移民の視点から西洋文化に対峙するナシャット。錯綜したドラマと複雑な視覚装置を用いて若者の心理を検証するモゼール&シュヴィンガー。現実の断片を素材にして不思議な世界を構築するロンディノーネ。彼らは日本を含め先進国に共通するアクチャルなテーマを、独自の方法論により発展させていきます。

また本展覧会は、ヨーロッパで非常に高い評価を受けながらも、日本の美術館で本格的に作品を展示したことがないアーティスト、あるいは現在ヨーロッパで急速に注目を浴びつつある若手アーティストなど、本邦初公開のアーティストにより構成されます。出品作家のを5人(組)に絞り、1人1部屋ずつ与えて自由に使用してもらえることで、大作中心の見応えある展示を行います。

「リアルワールド-現実世界」は、「ダイナミック・スイス」(日本におけるスイス年)関連イベントのひとつです。なお本展は、MAMCO(ジュネーヴ近現代美術館)の副館長フランソワーズ・ニンゲット氏と和光大学助教授半田滋男氏の監修及び協力により企画されました。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索