タイトル等
小野州一展
-線描のコロリスト-
会場
北海道立旭川美術館
会期
2005-11-12~2006-03-05
休催日
月曜日、12月28日~1月4日、1月10日(1月9日は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般:950(700)、高大生:550(400)小中生:350(250)
*( )内は10名以上の団体料金。
主催者
北海道立旭川美術館、道立旭川美術館「小野州一展」を応援する会、北海道新聞社
概要
小野州一(1927-2000)は北海道千歳市生まれの油彩画家です。少年時代から詩や絵画に関心をもち、札幌第一中学校(現・札幌南高等学校)卒業後、画家を志して上京。独学で絵画を学び、自由芸術展や全道展に出品を重ね、また1961年には難波田龍起ら北海道出身の抽象画家と北象会を結成し注目を集めました。67年には初めてパリに渡り、73年から77年までは家族とともに長期で滞在。その間、パリの風景をはじめ、南仏やヴェネツィアにも繰り返し取材し陽光あふれる海の情景を描くなど新たな境地を開きました。帰国後の80年には第3回北海道現代美術展で北海道立近代美術館賞を受賞。その後は瀟洒でアンティームな室内画を多く手がけ、95年の北海道富良野市への移住後は、丘の風景を中心テーマとし旺盛な制作活動を続けました。
本展は、清新な詩情をベースとし軽快な線描と明るく深みのある色彩が響きあう小野州一作品の魅力を余すところなく紹介するものであり、初期から最晩年までの油彩画、水彩画、版画さらに絵本原画や装丁など約100点によってその画業をたどる初の本格的な回顧展です。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-asamu/
展覧会問合せ先
TEL(0166)25-2577 FAX(0166)25-2539
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索