タイトル等
黒田重太郎展
没後35年
会場
佐倉市立美術館
会期
2005-11-05~2005-12-11
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般 800(640)円
大学生・高校生 600(480)円
中学生・小学生 400(320)円
但し、開館記念日の11月16日(水曜日)のみ入場無料となります。
主催者
佐倉市立美術館 京都新聞社
概要
佐倉ゆかりの作家浅井忠は、日本近代洋画の先駆者として知られている。晩年、浅井は京都に移り、梅原龍三郎や安井曽太郎など多くの弟子たちを育てた。弟子たちの回想文などによれば、浅井は、自分の画風を押し付けることなく、個々の長所を伸ばす指導をしたという。当館では、これまで浅井から弟子たちに継承されたものを探るため、佐倉出身で弟子でもある都鳥英喜他、長谷川良雄などの展覧会を開催した。今回、浅井の写実性を受け継いだ黒田重太郎を取り上げる。
本展は、二度の渡仏により印象派やキュビスムの影響を受けながらも、花鳥風月を愛し、日本的な油絵を求め描きつづけた黒田の遺作展以後、初の大規模な回顧となる。
ホームページ
http://www.city.sakura.chiba.jp/museum/
展覧会問合せ先
TEL 043-485-7851
会場住所
〒285-0023
千葉県佐倉市新町210
交通案内
・京成佐倉駅南口より 徒歩8分 または 「JR佐倉駅方面行」バスで「佐倉市立美術館」下車すぐ

・JR佐倉駅北口より 徒歩20分 または 「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」バスで「二番町」下車すぐ
※<市役所経由>の場合「宮小路町」下車 徒歩5分。

・東関東自動車道「佐倉IC」より約5km・15分、美術館向かいに佐倉市駐車場あり(無料)
ホームページ
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
会場問合せ先
043-485-7851
千葉県佐倉市新町210
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索