タイトル等
吉村順三建築展
-建築家吉村順三の作品とその世界-
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2005-11-10~2005-12-25
休催日
月曜日
開催時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
観覧料
一般/800(600) 高校・大学生500(400)
※( )内は団体、20名以上。中学生以下は無料。
主催者
東京藝術大学、吉村順三建築展実行委員会、東京藝術大学美術学部建築科
概要
「建築家として、もっともうれしいときは、建築ができ、そこへ人が入って、そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、家の中に明るい灯がついて、一家の楽しそうな生活が感じられるとしたら、それが建築家にとっては、もっともうれしいときなのではあるまいか」-吉村順三・1965
建築家・吉村順三は、建築にたずさわる喜びをこの飾りけのない言葉が示す深い心根に置き、生涯にわたって人々の日々の暮らしの場に暖かなまなざしを向け続け、日本の自然や固有な文化風土に根ざす数多くの秀作を残しました。
本店は、その暖かな人間愛と深い生活への洞察をとおして取り組んだ住宅作品をはじめ、多様な公共性を持つ建築への取り組みを一堂に集め、建築家・吉村順三の創作世界とその今日的な意味を再考しようとするものです。
吉村順三はまた東京藝術大学建築科において長く後輩の指導にあたり、建築界で活躍する多くの人材を育てました。いま建築科は創設100年の節目にあり、建築教育の歴史や今後の環境を考える記念行事のひとつの柱としても本展を位置付けています。
この展覧会をとおして、建築や建築家の活動が、広く一般の方々に理解されることを願っております。
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
展覧会問合せ先
050-5525-2200(代表)
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索