タイトル等
山寺 後藤美術館所蔵 ヨーロッパ絵画名作展
宮廷絵画からバルビゾン派へ
会場
うらわ美術館
会期
2005-04-29~2005-06-26
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後8時(入場は午後7時30分まで)
観覧料
630円(500円)、大高生420円(330円)、中小生210円(160円)
*( )内は20名以上の団体料金
主催者
うらわ美術館
概要
日本では、印象派とそれ以後のフランス絵画を中心とした美術に特に人気があります。例えば印象派の絵画であれば、見ているだけでそこに軽やかな空気の流れやまばゆい陽光を感じることが出来ます。それは文字通り見ることの楽しみであり、純粋に視覚的な効果によって成り立つ絵画であると言えるでしょう。しかし西洋の長い絵画の伝統の中では、宗教や神話、文学、歴史に深く根ざしたそれまでの「物語る」絵画の方がむしろ主流であったとも言えます。それぞれの時代や画家の様式の違いはあれ、連綿と続く「物語性」の絵画の中にこそ、西洋の絵画の真髄を見出すことが出来るでしょう。
本展ではそのような西洋の伝統絵画を、山形市の山寺にある後藤美術館のコレクションの中から18、19世紀を中心とした作品72点で紹介します。展覧会は、Ⅰ.宮廷絵画からアカデミスムへ、Ⅱ.バルビゾン派とその周辺、Ⅲ.ヨーロッパ諸国の絵画、の3部で構成されています。Ⅰ部ではブーシェに代表されるロココの絵画から新古典主義、ロマン主義、アカデミスムの絵画を、Ⅱ部ではコロー、ミレー、ルソーなどのバルビゾン派とクールベを中心に、またⅢ部ではイタリア、スペイン、イギリスなど各国の絵画を紹介します。
これらの絵画は、時代、地域、またそれぞれの画家によって様々な特徴を示していますが、そのいずれもが「物語る」絵画としての魅力に満ちています。伝統に裏付けられた西洋絵画の様々な物語をお楽しみ下さい。
ホームページ
http://www.uam.urawa.saitama.jp/
展覧会問合せ先
048-827-3215(代)
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索