タイトル等
平山郁夫 仏教の来た道―後編
会場
平山郁夫シルクロード美術館
会期
2022-09-17~2022-12-27
新型コロナ感染拡大により、イベント等が中止となる可能性があります。
ご来館の前にHPをご確認いただくか、お電話にてお問い合わせください。
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般1200円 高大生800円 小中学生無料
*障がい者手帳をお持ちの方無料、介護者の方1名まで600円 *70歳以上の方、20名様以上の団体 各100円割引
主催者
公益財団法人平山郁夫シルクロード美術館
協賛・協力等
後援=山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会、朝日新聞甲府総局、山梨日日新聞社・山梨放送、読売新聞甲府支局、信濃毎日新聞社、八ヶ岳ジャーナル、テレビ山梨、エフエム富士、エフエム八ヶ岳

令和4年度 文化庁 文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光推進事業
概要
日本画家・平山郁夫は、1959(昭和34)年、再興第44回院展に出品した《仏教伝来》(佐久市立近代美術館蔵)が画業の転機となり、この作品をきっかけに仏教への関心を深めました。1968(昭和43)年からは、仏教伝来の道であるシルクロードを辿るようになり、日本文化の源流を求めて数多くの作品を描いてきました。本展は、シリーズ前編に続き、初期の「仏伝シリーズ」の中から《行七歩》《太子出城》をはじめ、幻想的な仏教画として名高い《求法高僧東帰図》、長きにわたるシルクロードの取材をもとに描かれてきた仏教遺跡、特に当館初公開となる《チベットポタラ宮の石段》などを中心に展示し、あわせて関連する作品と共に当館所蔵の仏像コレクションも紹介します。
イベント情報
「平山郁夫 仏教の来た道」展 学芸員によるみどころ解説
9月24日[土]、10月15日[土]、11月19日[土] 14:00より(予定)

ワイン&クラフトフェスタ2022
9月24日[土]、25日[日] 10:00-16:00
場所:平山郁夫シルクロード美術館 らくだ公園
平山郁夫シルクロード美術館では、おらうーたん(地域クラフト作家達)と連携し、“ワイン&クラフトフェスタ”を開催することとなりました。葡萄の美味しい時期でもある9月末の週末に、美味しいワインを飲み、八ヶ岳のグルメを堪能し、葡萄に関連したクラフト作品を楽しみながら過ごす時間をお届けします。また弁護士であり日英米独のワイン上級資格を保有し、甲府市内でワインスクールを開催している東條正人さんによる講演会や、地元JAZZバンドによるミニライブを開催しイベントを盛り上げます。

講演会 ワインで旅する世界一周
9月24日[土] *定員50名 11:00-12:00
講師:東條正人(弁護士) 会場:美術館2Fカフェ「キャラバンサライ」
*要申込、聴講無料(ただし入館券が必要です)
《申込方法》下記メールへ必要事項①~③をお送りください。
s-matsuyama@silkroad-museum.jp ①参加者名 ②居住エリア ③連絡先
ホームページ
https://www.silkroad-museum.jp/news2261
会場住所
〒408-0031
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
交通案内
電車でお越しの方
JR小海線 「甲斐小泉」駅 すぐ前、JR中央本線 「小淵沢」駅より タクシー10分。
「小淵沢駅」から周辺観光スポットを巡る「八ヶ岳高原リゾートバス」のご利用もおすすめです。

お車でお越しの方
中央自動車道 小淵沢インターより 約10分
中央自動車道 長坂インターより 約15分

※カーナビをご利用の方: 情報が古いものには美術館の所在地が表示されない場合がございますので、その場合は、甲斐小泉駅をセットいただきますようお願いいたします。
ホームページ
http://www.silkroad-museum.jp
山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索