タイトル等
雰囲気のかたち
―見えないもの、
形のないもの、
そしてここにあるもの
会場
うらわ美術館
ギャラリーABC
会期
2022-11-15~2023-01-15
前期:11/15[火]~12/11[日]、後期:12/13[火]~1/15[日]

状況により会期や内容が変更になる場合があります。最新の情報は、うらわ美術館公式ホームページでご確認ください。
休催日
月曜日(1月9日は開館)、年末年始(12月27日~1月4日)、1月10日[火]
開催時間
10:00~17:00
金曜日・土曜日のみ ~20:00(展示室への入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般830(660)円、大高生520(410)円、中小生200(160)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※障害者手帳をお持ちの方および付添いの方1名は半額 ※リピーター割引:観覧済の有料観覧券のご提示により、団体料金でご観覧いただけます(観覧日から1年以内、1名様、1回限り有効)
主催者
うらわ美術館、東京新聞
概要
春のうららかさや早朝の清々しさ。あるいはくつろいだ空間や何かが起こりそうな気配…。私たちのまわりには、姿形はなくてもその場や空間を色づけ、感情や行動に大きく作用する雰囲気と言えるものがあります。それらは時に、空気や佇まい、生気やオーラ、ムードなどと呼ばれることもあるでしょう。そうした、曖昧でうつろい、時に存在さえ示せないものを、美術家たちはどのように描き、写し、形づくっているのでしょうか。
本展では、はっきりと見えないもの、刻々と変わる不定形なものなどを表現した作品を、国内の近現代の絵画や彫刻、ドローイング、映像、写真などで紹介します。美術家たちは感覚を研ぎ澄ませ、流れる大気、周辺の空間や時間、その関係やあり方をとらえようとします。その場を満たす光や粒子、輪郭、あるいは筆致や素材の吟味によって、さらには言葉へつながることによって、物質を超えた存在に形を与えています。
私たちは昨今、ウイルスや情報など、時代をも動かす目には見えないものをより意識するようになりました。そのような中で改めて、私たちのまわりにあって空間を染め、ある力や豊かさが存在する場を、つかみ、作ろうとする美術家たちの表現に触れてみたいと思います。
イベント情報
*関連事業は、うらわ美術館公式ホームページでお知らせします。
展示替え情報
*会期中、一部展示替えがあります。
ホームページ
https://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/whatson/exhibition/p091396.html
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索