タイトル等
生誕150年
山元春挙
会場
笠岡市立竹喬美術館
会期
2022-07-16~2022-09-04
前期◎7月16日[土]~8月7日[日]
後期◎8月9日[火]~9月4日[日]
休催日
毎週月曜日 ※ただし7月18日(月・祝)は開館、19日(火)は休館します。
開催時間
9時30分~17時00分
(入館は16時30分まで)
観覧料
一般800(650)円
※( )内は団体料金
高校生以下無料(学生証をご提示ください)
笠岡市内在住65歳以上無料、笠岡市外在住の65歳以上は団体料金
(住所年齢のわかるものをご提示ください)、前売は一般個人のみ600円
主催者
笠岡市立竹喬美術館、山陽新聞社、生誕一五〇年山本春挙展実行委員会
協賛・協力等
助成◎一般財団法人地域創造
概要
このたび笠岡市立竹喬美術館では、一般財団法人地域創造の助成をいただき、滋賀県立美術館、富山県水墨美術館との三館の共同企画展として「生誕150年 山元春挙」展を開催します。今年で開館40周年を迎える竹喬美術館にとって、「生誕150年 山元春挙」展は、当館で開催する100回目の特別展となる記念すべき展覧会でもあります。
山元春挙(1872~1933)は、明治4年に現在の滋賀県大津市に生まれ、京都で野村文挙や森寛斎に師事した、明治期から昭和期にかけて活躍した画家です。その名は八歳年長の竹内栖鳳とともに京都画壇の双璧と並び称されるなど、近代京都画壇を代表する人物として、生前から高い評価を得ていました。
春挙は、写実的で雄大、そして華やかな色使いの風景画を得意とし、特に山岳や水辺の風景を数多く描きました。円山・四条派の伝統を継承しつつも、油彩画や写真撮影の技法などを参考にした独自の表現は、近代京都画壇に新境地を切り拓いたといえます。
春挙生誕150年の記念の年に開催される本展では、各地から一堂に会した代表作や優作を通して、その画業を辿り、春挙作品の魅力を存分にご紹介します。
イベント情報
■講演会「山元春挙の生涯とその画業」
講師:大原由佳子氏(文化庁文化財第一課美術工芸品公開促進調査官)
日時:7月23日(土)13:30~15:00
会場:笠岡市立竹喬美術館視聴覚室
要申込

■特別ギャラリートーク 要予約
「日本画の色彩表現」
講師:森山知己氏(倉敷芸術科学大学教授、日本画家)
日時j:8月7日(日) 13:30~14:30
会場:笠岡市立竹喬美術館展示室
要申込

■当館学芸員によるギャラリートーク
7月17日(日)、8月21日(日)
13:30~14:30
予約不要

お申し込み、詳細のお尋ねは美術館までお電話ください。(0865-63-3967)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定を中止、変更とする場合があります。
ご来館前に当館ホームページなどで最新の情報をご確認ください。
展示替え情報
※途中展示替えがあります
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/44392.html
会場住所
〒714-0087
岡山県笠岡市六番町1-17
交通案内
山陽自動車道 笠岡I.C.から 15分

JR山陽本線 笠岡駅から
・タクシー 5分

・徒歩 25分

・笠岡駅前4番のりば
神島(こうのしま)循環 / 乗時(のりとき)行き / 美の浜(みのはま)行き
「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
所用5分・150円
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
岡山県笠岡市六番町1-17
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索