タイトル等
生誕110年
傑作誕生・佐藤忠良
会場
群馬県立館林美術館
会期
2022-07-16~2022-09-19
前期:7月16日(土)~8月21日(日)、後期:8月23日(火)~9月19日(月・祝)
休催日
月曜日(ただし7月18日、8月15日、9月19日は開館)、7月19日
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般830(660)円、大・高校生410(320)円
*( )内の観覧料は、20名以上の団体割引料金 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料 *群馬県在住の65歳以上の方は平日のみ2割引
主催者
群馬県立館林美術館
協賛・協力等
企画協力:SDアート
概要
Sato Churyo: Rereading Three Masterpieces
宮城県に生まれた佐藤忠良(1912~2011)は、青年期までを北海道で過ごし、画家を志して上京します。その後ロダンをはじめとするフランス近代彫刻に魅せられ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で彫刻を学び、卒業して間もなく新制作派協会(現・新制作協会)彫刻部の創立に参加しました。戦時中、召集されて旧満州に渡り、3年間のシベリア抑留も経験します。復員後は一貫して具象彫刻の道を歩み、戦後の日本彫刻史に大きな足跡を残しました。
本展覧会は、佐藤忠良の三つの代表作に焦点を当てます。写実を深く追求し、日本人の手で初めて日本人の顔を表現したと高く評価された《群馬の人》、イタリアの近代彫刻に刺激を受け、当時の若い女性が身につけた衣服や帽子を活力あるポーズに取り込んだ《帽子・夏》、的確な描写力と場面展開によって1962年の刊行以来読み継がれているロングセラー絵本『おおきなかぶ』。これら三点の傑作の制作背景を、佐藤自身が収集したロダン、ムーア、マリーニなどの作品と、彼らについて語った言葉を手がかりに解き明かします。
イベント情報
*イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、状況に応じて変更になることがあります。
*各事業の詳細・申込方法は、HPをご覧いただくか、直接お問い合わせください。→http://www.gmat.pref.gunma.jp/

◆記念講演会「佐藤忠良が遺したもの」
講師:三上満良氏(本展監修者・元宮城県美術館館長)
9/3(土)14:00~15:30[要申込・先着50名・講堂]

◆学芸員による作品解説会
8/3(水)、8/28(日)各日14:00~(約40分)[申込不要・先着20名・研修室]

◆たてび☆キッズウォーク
7/23(土)、8/27(土)各日10:00~11:30、13:00~14:30
[申込不要・小中学生対象・展示室]*自由な時間に参加できます*参加記念品付き

◆ワークショップ「ミニチュア彫刻をつくろう」
8/21(日)11:00~15:30[要申込・抽選30組・別館ワークショップ室]
協力:群馬県立女子大学 奥西ゼミ

◆みんなのアトリエ「多色摺り木版画の摺り体験」 参加費100円
講師:内山良子氏(木版画家)
7/21、28、8/11、18(いずれも木曜日)各日13:30~16:00[要申込・先着各日40名・別館ワークショップ室]

◆ポンポン・ツアー
8/7(日)14:00~14:30[申込不要・先着20名・研修室]*参加記念品付き
展示替え情報
*会期中、一部作品の展示替を行います。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/exnow.html
会場住所
〒374-0076
群馬県館林市日向町2003
交通案内
○ 車:
東北自動車道 館林I.C.から 約9km
北関東自動車道 太田桐生I.C.から 約15km
○ 電車:
東武伊勢崎線 多々良駅から 約1.2km (徒歩20分)
東武伊勢崎線 館林駅から 約4km (東口からタクシー10分)
○ バス:
館林駅前(東口)から 多々良巡回線バス、往路30分、復路15分。
バス停「県立館林美術館前」から すぐ、または
バス停「西高根町」から 徒歩15分。

[東京都内からのご案内]
○ 浅草駅 (東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線) または 北千住駅(JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線、つくばエクスプレス)から 東武スカイツリーライン・伊勢崎線をご利用ください。特急「りょうもう」の場合、浅草駅(北千住経由)~館林駅の所要時間は約60分。
○ JR宇都宮線ご利用の場合は、久喜駅で東武伊勢崎線に乗り換え。久喜駅~館林駅の所要時間は約30分です。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
会場問合せ先
0276-72-8188
群馬県館林市日向町2003
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索