タイトル等
ライアン・ガンダー われらの時代のサイン
会場
東京オペラシティアートギャラリー
会期
2022-07-16~2022-09-19
休催日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月7日[日・全館休館日]
開催時間
11:00~19:00
(入場は18:30まで)
観覧料
一般1400[1200]円/大・高生1000[800]円/中学生以下無料
*同時開催:「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」、「project N87 黒坂祐」の入場料を含みます。*[ ]内は各種割引料金。障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
*割引の併用および入場料の払い戻しはできません。*新型コロナウイルス感染症対策およびご来館の際の注意事項は当館ウェブサイトをご確認ください。
主催者
(公財)東京オペラシティ文化財団
協賛・協力等
協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人
協力:(株)中川ケミカル、(株)リコー、(公財)石川文化振興財団、(株)カイタックホールディングス、TARO NASU
後援:ブリティッシュ・カウンシル
概要
国際的な注目を集めるライアン・ガンダー(1976年イギリス生)の東京で初めての大規模個展。ガンダーの作品は、古今東西の美術作品や、日常生活で気に留めることすら忘れているあたりまえの物事への着目を出発点として、オブジェ、インスタレーション、絵画、写真、映像などそのジャンルは多岐にわたります。制作の背景には、「見る」ということについての考察や日常経験の鋭い分析など、知的な好奇心が満ちあふれていて、その作品は見る人の思考や創造力を刺激して、私たちにさまざまな問いを抱かせます。意外なもの同士を結びつけ、情報を部分的に隠蔽し、ユーモアをまじえて「そもそも」を考えるきっかけをつくるのは、ガンダーの作品の真骨頂です。作品を前にすれば、思わずクスッとしたあとに、はっとするような発見が待っていることでしょう。新作を含めて空間全体を一つの作品として創り上げることを目指す今回の個展を、ガンダー自身も楽しみにしています。
本展は当初2021年に開催を予定していましたが、コロナ禍により延期を余儀なくされました。しかし本人の申し出により「ガンダーが選ぶ収蔵品展」を代わりに開催し、絶妙な手法で当館の寺田コレクションに新しい光を当てました。「困難な状況でも発想の転換でよいものを」。これは「創造する力」を信じるガンダーを象徴するできごとでもありました。今回、満を持しての個展に加え、上階では再び「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」を開催します。ご期待ください。
ホームページ
https://www.operacity.jp/ag/exh252/
展覧会問合せ先
050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒163-1403
東京都新宿区西新宿3-20-2
交通案内
【電車】
京王新線 (都営地下鉄 新宿線乗り入れ) 初台駅東口下車 徒歩5分以内
(東京オペラシティビルに直結しています。)

小田急線 参宮橋駅より 徒歩約14分

都営地下鉄 大江戸線 西新宿五丁目駅 A2出口より 徒歩約17分

【バス】
渋谷駅西口バスターミナルより バス約20分
▶ 京王バス :
「中野駅行」 渋64 (11番乗り場)
● [東京オペラシティ]下車

▶ 京王バス :
「中野駅行」 渋63 (13番乗り場)
「阿佐ヶ谷駅行」 渋66 (15番乗り場)
「初台駅行」 渋61 (12番乗り場)
▶ 都営バス :
「阿佐ヶ谷駅行」 渋66 (15番乗り場)
● [東京オペラシティ南] 下車

新宿駅西口より バス約10分
▶ 京王バス :
「中野車庫行」 宿41 (20番乗り場)
「中野駅行」 宿45 (20番乗り場)
● [幡ヶ谷不動尊] 下車

*駅近辺混雑時は、バス発着時間が遅れる可能性がございます。

【車】
山手通りと甲州街道の交差する 初台交差点

[中央道方面から]
首都高速 4号線 初台出口(上り)より

[都心環状線方面から]
首都高速 4号新宿線 新宿出口(下り)より

[首都高速5号線 池袋方面から]
首都高速 中央環状線 中野長者橋出口(内回り)より

[東名道・首都高速3号渋谷線方面から]
首都高速 中央環状線 初台南出口(外回り)より
ホームページ
http://www.operacity.jp/ag/
東京都新宿区西新宿3-20-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索