タイトル等
かくれんぼ
さがして。そして、
美術(びじゅつ)が他(ほか)の学(まな)びと交(まじ)わるとき
会場
茅ヶ崎市美術館
会期
2022-07-16~2022-09-04
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、状況によっては、会期等が変更になる場合がございます。最新情報は、美術館ホームページをご覧ください。
休催日
月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般700(600)円、大学生500(400)円、市内在住65歳以上350(250)円、高校生以下、障がい者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協賛・協力等
[協力]東京造形大学(竹渕愛留萌、中島瑞貴、生嶋順理)、株式会社ネイチャーブリス
概要
私たちにとって未知の存在であった新型コロナウィルスの影響により、思ったように外出できず、友達とも遊べず、家の中で随分多くの時間を過ごす日々がつづきました。人の気配が消えた町は、まるで、壮大な「かくれんぼ」が行われているかのようにひっそりとした時間が流れていました。本展では「かくれんぼ」をキーワードに、写真と絵画を用いて観光写真から人々の存在を消した作風で知られる城田圭介をはじめ、近年新たに当館に収蔵された上田薫、丹阿弥丹波子、原良介の4人の作家の作品を紹介します。また、特別展示として音楽家zmiの音により呼び起こされる風景をご鑑賞いただけたらと思います。
さらに、子どもたちの夏休みにあわせ、作品の中にある光の特徴、版画の技法、時間の感覚、音の連なりなど、美術から拡がるさまざまな学びにも目を向けてみます。
作品の中にかくれているものを探すように、そっと近づきよく目をこらし、ときには目をつぶり、じっと耳を澄ましてみる。そして、ゆっくりじっくり作品と向き合うことで、私たちのまわりを取り巻く多くのものやこととの交わりに気づくひとときをお過ごしいただければ幸いです。
イベント情報
アーティストトーク *手話通訳付き
①「空間に思いを馳せることからはじめる」
出演:齋藤名穂(建築家・デザイナー)
日時:7月24日(日) 14:00-(約40分)
②「写真/絵画、消すこと/描くこと」
出演:城田圭介(美術家)
日時:8月6日(土) 14:00-(約40分)
会場:美術館展示室
料金:無料(要観覧券/申込不要)

造形ワークショップ 「動き、見つめ、描く」
動きを見つめて、絵を描いてみましょう。
講師:原良介(アーティスト、画家)
日時:8月27日(土) 13:30-15:00
会場:美術館周辺と2階アトリエ
対象:小学生以上(小学生3年生以下は保護者同伴)
定員:10名(申込制/先着順) 料金:500円
申込:7月16日(土)10:00より、電話または美術館受付にて開館時間内にお申し込みください。

キュレータートーク
*視覚に障害のある方もご相談ください。
日時:8月24日(水) 、9月3日(土) 各日14:00-(約45分)
会場:美術館展示室 担当:藤川悠(当館学芸員)
料金:無料(要観覧券/申込不要)
ホームページ
https://www.chigasaki-museum.jp/exhibition/6482/
会場住所
〒253-0053
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
交通案内
■ 公共の交通機関でお越しの場合
徒歩
JR茅ヶ崎駅南口より 高砂通りを南へ向かい 徒歩約8分です。

バス
同駅南口よりコミュニティバスえぼし号をご利用ください。
① 中海岸南湖循環市立病院線に乗車(約1分)し、
② 図書館前で下車、高砂緑地入口まで約70mです。

■ お車でお越しの場合
新湘南バイパス [茅ヶ崎海岸IC]より 江の島方面(左側二車線)へ、[柳島]交差点を左折し、国道134号線を進み、[野球場前]交差点を左折し、約800m直進すると右手に美術館専用駐車場があります。
ホームページ
http://www.chigasaki-arts.jp/museum/
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索