タイトル等
どっちがどっち? いわいとしお×岩井俊雄
100かいだてのいえとメディアアートの世界
会場
茨城県近代美術館
会期
2022-07-02~2022-09-19
※会期および各種イベント等が変更または中止になる場合があります。ご来館の際は、当館ホームページをご確認いただくか、当館までお問い合わせください。
休催日
毎週月曜日*ただし、7月18日[月・祝]・9月19日[月・祝]は開館、7月19日[火]休館
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般1,000円(870円)/満70歳以上500円(430円)/高大生730円(610円)/小中生370円(240円)
※( )内は20名以上の団体料金 ※障害者手帳等をご持参の方は無料 ※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料 ※9月15日[木]~19日[月・祝]は満70才以上の方は無料 ※茨城県立の美術館(近代美術館、天心記念五浦美術館、陶芸美術館)主催の展覧会で1年間に何回でもご利用いただける共通年間パスポート(一般3,150円/高大生2,100円/小中生1,050円)を各美術館にて販売中。
WEB予約をおすすめします 詳細は当館HPをご覧ください。
オンラインで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先入場となります(来館日の1ヵ月前より予約可能)
主催者
茨城県近代美術館
協賛・協力等
後援:水戸市、朝日新聞水戸総局、茨城新聞社、産経新聞社水戸支局、東京新聞水戸支局、日本経済新聞社水戸支局、毎日新聞水戸支局、読売新聞水戸支局/協力:偕成社、紀伊國屋書店
概要
子どもたちに大人気の絵本作家・いわいとしおと、メディアアートの第一人者・岩井俊雄。
一見、相反する異ジャンルのクリエイターは、実は同一人物だった!なぜ、彼は2つの顔を持つのか?
子ども時代の発明ノートやパラパラマンガ、絵本原画やスケッチ、メディアアートの再現展示によって、アナログとデジタルにまたがる、その多種多様な表現世界の全貌と創作の秘密に迫ります。
イベント情報
大人向け いわいとしお講演会
「子どもたちに伝えたい、空想すること、作ること」
絵本や子どもの美術教育に興味のある方に!
日時:7月10日(日)14:00~16:00
定員:100名
参加費:無料
申込方法:①・②・③にて

大人向け 岩井俊雄講演会
「メディアアートに未来はあるか?」
メディアアートに興味のある方に!
日時:7月30日(土)14:00~16:00
定員:100名
参加費:無料
申込方法:①・②・③にて

親子向け いわいとしお 絵本ライブ
「いわいとしおさんと絵本で遊ぼう!」
作家による絵本の読み聞かせやお絵かき遊びを親子いっしょに楽しみましょう!
日時:7月10日(日)10:00~12:00
定員:40名(小学生以下+保護者で)
参加費:無料
申込方法:③専用フォームのみ

どなたでも いわいとしおワークショップ
「100人でつくろう!100かいだてのいえ」
ダンボールで立体的ないえを作るワークショップ。
子どもから大人までどなたでも参加できます。
日時:7月31日(日)午前の部10:00~12:00 午後の部14:00~16:00
定員:各回50名(小学生以下は保護者同伴で)
参加費:無料
申込方法:③専用フォームのみ

【イベントの申込方法】
定員に達し次第、受付を終了します。
①来館:当館総合受付にて申込書を記入
②往復はがき:往信用文面に希望者全員(1枚につき4名まで)の氏名、代表者の住所、電話番号、参加を希望するイベント名、返信用宛名面に代表者の住所と氏名を記入し、当館「いわいとしお展イベント係」まで送付
③専用フォーム:当館ホームページのイベントページにある「参加申込フォーム」から申込み
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索