タイトル等
[特別展]
野田弘志―真理のリアリズム
会場
奈良県立美術館
会期
2022-09-17~2022-11-06
休催日
月曜日(ただし9月19日、10月10日、31日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 1,200円(1,000円) 大学・高校生 1,000円(800円) 中学・小学生 800円(600円)
*( )内は20名以上の団体料金
*身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳(アプリを含む)をお持ちの方と介助の方1人、外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方は、無料でご観覧いただけます。
主催者
奈良県立美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
後援/奈良テレビ放送、奈良新聞社、西日本旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、奈良交通株式会社
概要
野田弘志(1936-)は、日本のリアリズム絵画を代表する画家の一人です。東京藝術大学を卒業後、イラストレーターとして多忙な日々を送る中で、絵画制作への想いが高まり、30代半ばより画業に専念するようになりました。広島市立大学芸術学部で後進の指導にあたったのち、現在は北海道のアトリエで日夜制作に没頭する日々を送り、傘寿を超えてなお、リアリズムの画壇をけん引し続けています。
本展は、画家・野田弘志の最初期から近作まで、その画業の全容を回顧するものです。自身のスタイルを模索していた学生時代の作品、広告会社時代のイラストやデザイン。画壇デビューを果たした頃の細密な静物画群(「黒の時代/金の時代」)から、その名が全国的に知られる契機となった新聞連載小説『湿原』(加賀乙彦著)の挿絵原画。骨、あるいは生ける人間を描き、死生観を示そうとしたシリーズ「TOKIJIKU(非時)」「THE」、そして近年手掛けている等身大肖像のシリーズ「聖なるもの」「崇高なるもの」まで。人物・静物・風景、いずれのモチーフを前にしても、一貫してひたすらに見つめ、描くことで「在る」ということを突き詰めようと、野田弘志が歩んできたリアリズムの道をたどります。
イベント情報
※すべて参加費無料。ただし本展当日の観覧券が必要。
※イベントの最新情報は美術館公式HPでご確認ください。

1. オープニング記念 特別鼎談
9月17日(土) 14時~(約90分) レクチャールーム(1F)
語り手/野田弘志氏(画家)、南城守氏(美術評論家・絹谷幸二天空美術館顧問)
聞き手/当館学芸員
定員/50名(要事前申込・先着順)

【特別鼎談の参加申し込みについて】
お申し込みは9月1日(木)からEメールまたは電話にて受け付け、定員に達し次第締め切ります。申し込み方法の詳細は当館ホームページ(https://www.pref.nara.jp/11842.htm) などでご確認ください。

2. 美術講座
10月23日(日) 14時~(約90分) レクチャールーム(1F)
講師/深谷 聡(当館主任学芸員) 定員/50名(先着順)
※当日13時より当館受付にて整理券を配布します。

3. 当館学芸員による展示ガイド
10月1日・15日、11月5日(いずれも土曜日) 14時~ 展示室
展覧会問合せ先
テレフォンサービス:0742-23-1700
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町10-6
交通案内
近鉄奈良駅①番出口から徒歩5分
JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車、すぐ
ホームページ
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-11842.htm
奈良県奈良市登大路町10-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索