タイトル等
居場所はどこにある?
磯村暖 UGO 岡田裕子 小林勇輝 竹村京&鬼頭健吾 中谷優希 松田修 MOM+I 室井悠輔 リー・ムユン
ありのままの私でいること自体、今はかなり政治的な行為。
思う存分自分を表現するのはとても素敵なこと。でも危険なことでもあるのです。
会場
東京藝術大学大学美術館
陳列館
会期
2021-06-01~2021-06-20
感染症拡大防止を目的とし、会期や開館時間が変更される可能性がございます。
展覧会公式ウェブサイトで最新情報をご確認のうえご来場ください。
休催日
月曜休館
開催時間
10:00~17:00
主催者
「居場所はどこにある?」実行委員会
協賛・協力等
助成:東京藝大「I LOVE YOU」プロジェクト2021 キュレーター:荒木夏実(東京藝術大学美術学部准教授)
概要
2020年、新型コロナウイルスの蔓延という予想できない出来事によって、世界は不安と混乱に陥った。そして私たちは社会や国、民族など、自分が所属する場所についてこれまで以上に意識することになった。さらにソーシャルディスタンスによって同居の家族という共同体との関わりが深まる一方で、DVの増加など、家庭が誰にとっても安全ではないことも表面化した。

展覧会「居場所はどこにある?」では、アートを通して私たちにとっての居場所について考える。多様なバックグラウンドを持つアーティストたちの表現は、自分にとっての居場所について、あるいは居場所がないこと、居場所を探していることについて物語る。

家族の形を制限する法律、機会の不平等を生む貧困と格差、クィアや外国人を排除する社会制度、独居老人への対応に苦慮する行政。作品を通して見えてくるさまざまな問題は、今まさに社会が直面している進行形の事象であり、既存の政治や慣習によって解決することはできない。これまでの仕組みや価値観を刷新し、時代を更新していく分岐点に私たちは立っている。

家族とは?コミュニティとは?アイデンティティとは?コロナ禍によって浮き彫りになった、自明ではない、しかし誰もが切望する安全な居場所の存在に改めて注目し、その問題と可能性について探る。未来への希望を見つけるために。
ホームページ
https://4us.geidai.ac.jp
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索