タイトル等
「新しい成長」の提起
ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト
青柳菜摘|池田剛介|遠藤麻衣|大和田俊|小泉明郎|SIDE CORE|サエボーグ|竹内公太|Chim↑Pom|中村裕太|西村雄輔|長谷川愛|布施琳太郎|毛利悠子|百瀬文|柳瀬安里
会場
東京藝術大学大学美術館
本館展示室3・4
会期
2021-11-13~2021-11-28
※本展は当初2021年6月開催を目指していましたが、新型コロナ感染症の影響でやむなく延期させていただいた後、改めて新会期での開催を決定しました。
会期変更
休催日
2021年11月22日〈月〉
開催時間
10:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
観覧無料
主催者
ポストコロナ・アーツ基金(PCAF)実行委員会 東京藝術大学
概要
ポストコロナ・アーツ基金(PCAF: Post Covid-19 Arts Fund)は、文化芸術に関心の高い各界の民間有志によるPCAF実行委員会と、東京藝術大学との共同事業です。今回のコロナ禍は、国境も世代も思想も超えて、世界に大きな影響を及ぼすとともに、「経済原理主義的な成長」の脆弱さを露呈させました。コロナ禍はいまだ収束を目指す険しい道のりの最中ですが、そんな今だからこそ、私たち一人ひとりがこれからの社会において本当に大切なものを考えていくことには大きな意味があると考えます。

PCAFはこの課題に関する価値観・視点を、多様なアーティスト16組との協働プロジェクトにて創出し、展覧会等、ドキュメンタリー映像、書籍などの形で、広く社会へ提起することを目指します。2021年春にはクラウドファンディングで多くのご支援をいただき、現在も活動にご賛同いただける方々の寄付・ご協力を募りながら活動中です。

展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」は、PCAFがその活動の柱のひとつと定める美術展です。本展では、コロナ禍以降の社会を探るアーティスト16組の多視点からなるプロジェクトが、映像、インスタレーション、パフォーマンスなど多様な手法で提示される予定です。そこでは時代や地域を超え、またはそれらをつなぐ形で、これからの社会を考えるための視点が提示されるでしょう。
イベント情報
関連イベントなどの最新情報は下記ウェブサイトをご確認ください。
Website: https://pcaf.art/
ホームページ
https://pcaf.art/
展覧会問合せ先
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
MAIL:contact@pcaf.art
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索